チョコレート

チョコレートが太るかどうか調べてみたところ、意外な事実が判明。チョコレートって実は太りにくいみたいです。

チョコレートが太るかどうか調べてみたところ、意外な事実が判明。チョコレートって実は太りにくいみたいです。

チョコレート自体の摂取ではそんなには太りませんが。

ただし、市販チョコの多くが砂糖を沢山含んでいるので物によっては太ります!

市販のチョコは砂糖がたっぷりで太る!

私たちがチョコレートだと思って食べている物は、実はチョコレート味の砂糖のかたまりだったんです!

実は、チョコレート自体はもともと甘くありません。というか苦いですw でも美味しくするために砂糖がたっぷり入っているんです。表示をよくよくみると、原材料の1番目に『砂糖』がきている商品がほとんど!

実は、チョコレート自体はもともと甘くありません。というか苦いですw でも美味しくするために砂糖がたっぷり入っているんです。表示をよくよくみると、原材料の1番目に『砂糖』がきている商品がほとんど!

特に私たちが普段よく食べるミルクチョコレート、

ホワイトチョコレートには油脂と砂糖がたっぷり。

実は砂糖自体はたいしたカロリーじゃないんですが、

チョコレートそのものはカロリーが高め。

砂糖が多いと甘くて美味しい ⇒ 美味しくて沢山食べてしまう ⇒ 高カロリー摂取 ⇒ 太る

砂糖で太るというよりも、砂糖が入っていて美味しいせいで沢山食べてしまって太るというわけです。カロリーが高かろうが低かろうが、沢山食べて沢山カロリーを摂取してたらそりゃ太りますもの。。
メーカーによって異なりますが、大体のカロリーの目安はこんな感じ。

ミルクチョコレート

市販の板チョコ1枚70gで約390kcal(ケーキ1個分)

ナッツ入りチョコレート

1粒で約48kcal

箱入りは1箱約576kcal

※ちなみにごはん1杯は約250kcal

特にナッツ入りのチョコレートは高カロリーで要注意です!・・・ってか、油脂と砂糖たっぷりって、そりゃニキビもできますし虫歯にもなりますよ。

それでもチョコレートがすきなら!!

チョコレートってほとんどの製品が太りやすいみたいだけど、どうしても食べたくなっちゃいますよね~。

おすすめのチョコレートはズバリコレ!

 砂糖少なめ、高カカオのチョコレート!!

砂糖少なめ、高カカオのチョコレート!!

チョコレートを食べるときには油脂と砂糖たっぷりのミルクチョコレートではなく、

カカオ含有量50%以上の高カカオのビターチョコレートを選びましょう。

味は、ミルクチョコレートに比べたらやはり苦めですが・・・。

また、冷えや足のむくみが気になるというあなたには、足の血流を良くしてくれるカカオ含有量85%以上のチョコレートがおすすめ。95%以上のものもおすすめなんですが、正直苦いです。85%もみおしのような甘党にはキツイかもしれませんね(=▽=;)

ただし、選ぶときにひとつ注意点が。

動画でもお話していましたが、ビターチョコでも表示をよくよくみるとやはり原料のトップに砂糖がきているものが結構あります。

苦さを紛らわせるために砂糖を沢山使っている場合も。

ビターチョコレートを買う時は表示に注意しつつ、選んでみてください。

砂糖が多かったらビターチョコであってもやっぱり太りますよ。。。

関連するまとめ

美味しい手巻き寿司のレシピ3選をご紹介します

パーティーにもピッタリな手巻き寿司のレシピ3選をご紹介します。 気に入ったものがあれば、是非作ってみてくださ…

女性の味方

おでんもすき焼きも「素」は買わなくていい!?絶品割り下の黄金比!

おでんや、すき焼きを作る時は「素」を使うことも多いですが、自分で作れる美味しい「割り下」があるので、その比率…

ペニー

ワインをおいしく飲める室温についてワインの種類別に調べてみました

ワインをおいしく飲める室温についてワインの種類別に調べてみました

CHIE

壱と申します。
いろいろなまとめをご提供できたらと考えております。

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング