この看板は石巻市の黒沢健一さんが震災から1か月後に津波で流れてきた板を拾い集めて自宅の跡地に建てたもので、被災した人たちを元気づけると共に犠牲者の慰霊の場所ともなっていた。
その老朽化に伴う新たな看板は地元の中学生と共に制作され、復興事業に伴い、今の場所が使えなくなるため、近くにある復興祈念公園の建設予定地に設置された。
黒沢健一さん「次の世代に(震災を)伝えていかなければとの思いがすごく強くなった中での2代目看板制作となった。中学生に一生懸命書いてもらったので立派な看板になったと思う」

 新しい看板は復興祈念公園が完成するまでの間、震災の記憶を語り継ぐ語り部活動などで使われるという。

東日本大震災シリーズ14 がんばろう! 石巻~地元住民の思い~

出典:YouTube

宮城「がんばろう!石巻」の看板が2代目に

出典:YouTube

関連するまとめ

美人じゃないけど、かわいい!愛され女子になるための3つのポイント

キレイな人やスタイルの良い人は、やっぱり素敵ですよね。 でも、それ以上に大切なのは女性としてのかわいらしさを…

女性の味方

断捨離してスッキリした生活を維持するコツ!

物を処分する基準は「ときめくか」ではなく「明らかに使う予定があるか」です。

女性の味方

半世紀前から続く、東京通勤地獄、満員列車風景(1960~1970年代)

海外メディアで取り上げられていた、今からおよそ半世紀前の東京の満員列車風景。当時、日本の国有鉄道であった「国…

壱と申します。
いろいろなまとめをご提供できたらと考えております。

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング