赤ちゃんのゆるゆるうんちって下痢なの??

赤ちゃんが小さい月齢のうちは、大半がゆるゆるうんちで、下痢なのかどうか、わかりにくいですよね。

生まれてから2ヶ月ほどは、消化器官がまだまだ未熟で、お腹にためてから一気にだすことが出来ない為、黄色か黄緑がかった色の水っぽいうんちが1日に何度も出ます。

また、匂いもヨーグルトのような酸っぱい匂いなのが特徴です。

その為、下痢との見分けが一番難しい時期とも言えます。

下痢かどうかは、赤ちゃんの機嫌や発熱の有無で判断しましょう。

その後、月齢が上がるにつれ、うんちもどんどん固まっていき、離乳食が進むと色や匂いもより大人の状態に近づいていきます。

赤ちゃんの下痢の原因は??

多くの場合、赤ちゃんが下痢になる原因は『食べ物』『感染症のウイルスや細菌』『アレルギー』の3つが挙げられます。

どれも便が液状になり(水様便)便の量も増えます。

・食べ物が原因の下痢

 離乳食が始まると、ようやく母乳やミルク以外のものを体内に入れるわけですが、まだ消化器官は大人のように整ったわけではないので、食べたもの(例えば食物繊維や糖分が多い食べ物)や乳製品を摂りすぎると、下痢になることがあります。

また冷たいものを食べ過ぎたり飲みすぎても同様に下痢になることがあります。

・感染症のウイルスや細菌が原因の下痢

 感染症やノロウイルス、ロタウイルスなどのウイルス性の下痢の場合、下痢の他にも嘔吐を伴うことが多く、子どもが小さい時は、発熱があることもあります。

この場合、色や匂いも変化することが特徴です。

・アレルギーが原因による下痢

 離乳食が始まると、卵や大豆、牛乳などでアレルギーを起こし、下痢になることがあります。

この場合は、原因となる食べ物を摂取した後数時間以内に起こります。

アレルギーを起こしやすい食べ物として上記の他、小麦もあります。

食物アレルギーの場合、下痢の他にも発疹が出たり、苦しそうに呼吸をするなどの症状が出るので、そのような症状が見られる場合は、検査をおすすめします。

赤ちゃんの下痢、見分ける方法は??

基本的に、下痢をしても熱がなく、食欲があり、母乳やミルク、白湯やお茶など水分をとっても吐くことがなければ、まず心配はいりません。

下痢の重症度を確かめるため、赤ちゃんの大好きな食べ物やお菓子を目の前に出してみてください。

関連するまとめ

赤ちゃんが1歳になるまでに数回ある健診。ポイントは?

赤ちゃんが生まれると、1歳になるまでに何回かの健診があります。 自治体によっても異なりますが、1ヶ月健診から…

リカ

子どもが学校でおもらししちゃったら?その後の対処法

自分でトイレに行けるようになった小学生や中学生の子どもでも、時には学校でおもらししちゃうこともあります。今回…

峠の425

卒業メッセージに感動!黒板に書かれたアート

卒業式にこんなアートが黒板にかかれていたら思わず感動してしまいませんか?

h_t

関連するキーワード

暮らし生活の知恵

日々の生活や暮らしていく上で大切な知恵をまとめていきます!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング