■早すぎる「トイレトレーニング」は良くない!?

近年、「おむつなし育児」が注目されるなど、子どものおむつ外しを早期に行うご家庭が増加している傾向にあります。お母さんにとっても子どものおむつが外れるのは、メリットはあってもデメリットは無いということで、なるべく早い時期に外したいという考えが多数を占めているようです。

ですが、早期のトイレトレーニングは子どもの成長にとっては、むしろ悪影響を与えることが近年判明してきました。

■3歳未満のトイレトレーニングは子どもに悪影響!

アメリカ・ノースカロライナ州にあるウェイクフォレスト大学のスティーブ・ホッジス教授によれば、3歳未満の子どもへの「トイレトレーニング」は膀胱が未発達の可能性があるため、子どもの体に様々な問題が起きると述べています。

’Children under age three should not manage their own toileting habits any more than they should manage their college funds,’ Dr Hodges said

実際、3歳未満でのトイレトレーニングを行った子どもの中には、腎臓へのダメージや尿路感染症を患う子どももいるようです。
このように、早期のトイレトレーニングは子どもにとってはむしろ悪影響だといえるでしょう。

■トイレトレーニングは小学生から始めても大丈夫!

実は子どもの膀胱は、個人差はあるものの6歳ごろまで急速に発達し、その後ゆるやかになりながらも12歳ごろまで発達を続けるとされています。これまでのトイレトレーニングは、この急速に発達する時期に行われてきました。

しかし、早期のトイレトレーニングは膀胱が大きく発達する時期に、外部から無理な負荷がかけられていると言え、あまり良いものではないということが分かってきました。また、トイレトレーニング時の頻繁な声かけは、おしっこが十分貯まっていない状況での排尿を促していることになり、おしっこを貯めることによって成長する膀胱にとっては、むしろ成長を阻害しているともいえます。

このようなことからもトイレトレーニングは、膀胱の発達が比較的ゆるやかになる6歳過ぎ、具体的にいえば小学校入学後あたりから開始するのが、子どもにとって良いといえそうです。

■小学生から始めるトイレトレーニングの方法

トイレトレーニングというと、おまるや補助便座などのトイレトレーニング用グッズが必要と思われがちですが、体が成長した小学生は便器に落ちる心配がないので、これらのトイレトレーニンググッズは無理して揃える必要はありません。
この点も、トイレトレーニングを小学生から始めるメリットと言えそうですね。

逆にあると便利なのは、おしっこお知らせサインの入った紙おむつです。ムーニーマンとパンパース、それぞれのブランドからはおしっこお知らせサインの入った「ビッグより大きいサイズ」の紙おむつが発売されているので、それらを活用するとおしっこの時間などが把握出来るので便利ですよ。

他にも、通常の下着に取りつけられるパッドタイプのおむつなど、小学生のトイレトレーニングに活用できるグッズがあるので、どんどん活用していきましょう。

■トイレトレーニングは子どものペースで!

子どもたちは、大人の社会のためにおむつをつけることをがまんしてくれていました。だから今度は、お子様自身が「おむつをやめたい」、「下着のパンツをはいてみたい」、「トイレでしたい」と思うようになるまで待ってみませんか? その日は必ずやってきます。

トイレトレーニングの主役は子どもです。
決して大人のペースで行わずに、子どもの体と心の成長に合わせて、焦らず、ゆっくりトイレトレーニングを行っていきましょう!

関連するまとめ

生きているところを見たかった?絶滅した巨大生物

地球上では数々の生物が誕生し、滅んできました。今では実物を見ることができない巨大生物を紹介します。

sai

早稲田実業学校初等部 願書 小学校情報お受験編

2017年早稲田実業学校初等部。願書をコピーしてお使い下さい。小学校情報お受験編

sora2400

東京女学館小学校 願書 小学校情報お受験編

2017年東京女学館小学校。願書をコピーしてお使い下さい。小学校情報お受験編

sora2400

峠の425

主に子育てや旅行関係についてまとめていきます。
旅行会社勤務で、総合旅行業務取扱管理者・旅程管理主任者資格を所持。
国内外の子育てにも興味があります!
趣味は旅行会社勤務ということで、旅行、特に鉄道を使った旅行が大好きです!
よろしくお願いします!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング