在庫が余ってしまう理由

過剰在庫であれば、倉庫費用などの管理費が貴社の資金を圧迫し、今後の経営戦略に影響を与えてしまうことが考えられます。また、販売機会を逃すことで、商品の価値が徐々に下がってしまい、結果的に貴社の資金を圧迫する要因の一つになってしまいます。

シーズンオフなど販売機会が足りなかったもの
・決算・改装・閉店に伴い、一括で処分したいもの
・大量生産の上で生まれてしまったもの
・返品・交換、展示品等により生まれてしまったもの

在庫処分してすぐに現金化したい!

在庫処分方法ってどんな方法があるの?

在庫処分方法ってどんな方法があるの?

法人様の在庫処分方法にはいくつかの方法が考えられると思います。

1.廃棄

【メリット】
・最も容易に在庫の処分が可能である

【デメリット】
・真に貴社の商品を求められているお客様へ商品をお届けできない
・廃棄にも経費がかかる
・倉庫管理費は削減できるが、在庫商品としての資産が損失してしまう

2.セールや特価品などによる自社での販売処分

【メリット】
・容易に在庫処分が可能である
・設定した金額での換金化が可能である

【デメリット】
・安価にし過ぎると、ブランドイメージを傷つける要因になる可能性がある
・B級品、アウトレット品もブランドイメージを傷つける要因になる可能性がある
・販売にかかる人件費などの経費が発生する
・大量の商品など過剰在庫には不向きである

3.立ち会いによる業者での買取処分

【メリット】
・対面方式のため、買取業者でも信頼できる
・疑問点等はすぐに問合せられる
・一度決定した査定金額から変更されることはほとんどない

【デメリット】
・直接の打ち合わせの時間の調整等、時間が制約される
・複数業者の見積を行うには手間がかかる
・業者の販路によって、市場に一気に商品が流出し、ブランドイメージを傷つける可能性がある
・在庫商品の分野が専門的な場合、在庫商品ごとの業者を探す必要がある

4.ネット業者での買取処分

【メリット】
・販路を多数持っているため、ブランドイメージを傷付けずに現金化が可能
・全国各地に対応しているため、貴社が商売されている地域に依存しない在庫処分が可能
・業者との連絡は主にメールのため、融通の効く時間に取引できる

【デメリット】
・立ち会い業者に比べて、連絡が取りづらく、現金化するまでに時間がかかる
・配送料などの経費がかかり、在庫商品の資産金額が少なくなる
・実際に商品を見ずに査定するため、取引の過程により、査定金額の変更が存在する

主な買取品

パソコン

パソコン

携帯電話

携帯電話

家電

家電

カメラ

カメラ

TVゲーム

TVゲーム

楽器

楽器

ホビー

ホビー

バイク

バイク

関連するまとめ

転職セミナーとは?参加して転職前の疑問や不安を解消しよう!

企業に実際求められていることは何なのでしょうか? 転職セミナーでは就職活動に役立つ情報が入手できます。どの…

専門君

美味しく食べて心と体のバランスを整える薬膳プランナーの仕事とは?

日々の食事は大事ですね。美味しく食べて、健康的な生活が送れるための薬膳プランナーのお仕事についてまとめました…

chieまとめ

知っておいて損なし!日本の三大漁港まとめ

日本の三大漁港はどこかご存知ですか? 知っておいて損なし! まとめてみました!

日本大好き

関連するキーワード

midorimushi

webライターのmidorimushiです。

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング