チャーガとは?

チャーガはマイナス20度でも枯れることがないため、その生命力の強さを「硬くて、砕けない」ダイヤモンドに例えられたという説もあります。

チャーガはマイナス20度でも枯れることがないため、その生命力の強さを「硬くて、砕けない」ダイヤモンドに例えられたという説もあります。

チャーガとは、霊芝と呼ばれるきのこの近縁種で、和名ではカバノアナタケ、シベリア霊芝とも呼ばれるきのこです。見た目は黒くゴツゴツした岩の様で、触った感触も硬く、一見きのこには見えない風貌をしています。

このチャーガは、白樺の幹に生息しているのが特徴で、ヨーロッパやロシア、日本の東北地方など寒い地域に分布しています。

しかもこのチャーガはとても希少価値のあるきのこで、白樺の木2万本に1本しか無いと呼ばれるほど見つけるのが困難なキノコです。成長するまで長い年月がかかるため養殖をする業者もいないため、天然のチャーガは「森のダイヤモンド」と呼ばれているそうです。

チャーガの歴史は?

アイスマンのミイラ

アイスマンのミイラ

アイスマンのミイラに携帯品の中にチャーガが入っていました。

このチャーガ自体の歴史は古く、わかっているところでは新石器時代からチャーガを利用していた痕跡が見つかっています。

例えば1991年にイタリアで発見された「アイスマン」と言われている5000年前の古代人の冷凍ミイラの携帯品の中にチャーガが入っていました。そのため、古代人も薬として持ち歩いていたのではないかと言われています。

他にも古代ギリシャの書物にも登場したり、中国の医薬書「神農本草経」でも上薬として珍重されていました。16世紀のロシアでは民間医療でもチャーガはお茶として飲まれ、日本では北海道に住むアイヌ民族がチャーガをお茶にして飲んでいました。

チャーガがスーパーフードとして注目!

フラボノイドには、活性酸素、高血圧安定、抗アレルギー作用があります。β-グルカンなどの多糖類が他のキノコに比べて豊富に含まれており、抗酸化酵素(S.O.D)の含有率がアガリクスの24倍、ケールの60倍、ほうれん草の250倍もあるということで脚光を浴びています。

また、チャーガには免疫力向上・抗ガン作用以外にも、様々な効能があると言われています。

チャーガに含まれる成分

βグルカン・エルゴステロール・ビタミン類・ミネラル類の他、フラボノイド・トリテルペノイド・アルカロイド・プテリン・アガリチン酸・イノシトール・タンパク質・脂肪・灰分・食物繊維など。

ストレスへの抵抗能力を高める働きチャーガ

チャーガは医学界では、トラウマ、不安、肉体的疲労などのストレスへの抵抗能力を高める働きのある天然のハーブであるとされる「アダプトゲン」とされています。

アダプトゲンとは「体に悪影響を与える物理的、化学的、または生物学的なストレスの原因を、非特異性の抵抗力を高めることによって撃退するもの」と定義されています。

副作用のないチャーガ

1 毒性 (副作用)がない。

2 作用が特定の臓器に限定されない。

3 正常化作用を持っている。

チャーガ茶の飲み方

チャーガの代表的な摂取方法としては、古くから変わらずお茶のように煎じて飲むというのが一般的です。古来の人々よりこのチャーガを煎じて飲んでいる人は健康的でいられるという言い伝えより、現代にも変わらず受け継がれています。

チャーガをお茶として飲むのに量の目安は特別ないようですが、1日あたり0.5~2リットルが適量でしょう。

お湯にはそのまま入れても、パックなどを使って入れてもどちらでもOKです。 ホットティーやアイスティー、または、チャイやココア、コーヒーと合わせて飲むのもおいしく頂けます。

販売されている主なチャーガ茶

関連するまとめ

お肌にとって大事なこと「洗顔」が必要な理由とは

第一印象で一番見られる「顔」。 日々のケアで洗顔はとても大事!洗顔が必要な理由をまとめてみました。

ボニー

『おねえさん』と『おばさん』のボーダーラインって!? 男性が「この人老けてるなあ」と…

実際の年齢はあまり変わらなくても、女性の見かけ年齢にはかなり違いがあるものです。特にアラサーにとっては、老け…

効果的に脂肪分解サプリメントを摂取しよう!ダイエットに重要な酵素「リパーゼ」

ダイエットサプリメントは、それぞれダイエット効果に特徴があります。 ここでは、ダイエットに重要な酵素「リパ…

女性の味方

関連するキーワード

rooms

宜しくお願いいたします。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング