うつ病とは

心の風邪とも言われている「うつ病」

心の風邪とも言われている「うつ病」

うつ病は心の病として知られていますが、一昔前では誤った解釈で偏見も多くありました。しかし近年では誰でも起こりうる病として認知され、治療方法も進歩してきています。

うつ病の原因って?

真面目な人ほど…うつ病に

真面目な人ほど…うつ病に

真面目な完璧主義な人ほど、理想と現実の狭間で苦しむ事が増えてしまいます。そして、「こうしなければならない」という思いも強いため、無意識のうちに自分を追い詰めてしまいます。また、頑固で融通がきかない人もうつ病になりやすい傾向があります。

自分の言いたい事が言えなかったり、他人からの評価を気にしてしまう人も注意が必要です。心に溜まったストレスは目に見えないうちに、どんどん自らを追い込んでしまうのです。このように、日本人に多いとされる真面目で勤勉、控えめな気質はうつ病を引き起こしやすい性格でもあります。

うつ病は治る病気

初期段階で適切な治療をすれば、社会生活にも支障はありません。しかし悪化すると、それだけ治療に時間がかかり、周りのフォローも必要になってきます。

うつ病は自分が気付かないうちに、徐々に進行していく病です。初期段階では食欲が低下したり、疲れやすく、睡眠不足になります。この症状が現れた時、多くの人は単なる疲れと感じ、更なる無理を重ねてしまいます。

そしてその度に心は悲鳴をあげ、病は進行してしまうのです。

うつ病にかかっても、病気を正しく理解し、きちんとした専門機関を受診し治療することによって必ず治る病気なのです。

うつ病に有効とされる食べ物とは

うつ病の時は食欲が減退してしまったり、あるいは食べる気力さえなくしてしまうこともあります。特に朝、全く食べられない人もいます。病院では、全く食べられない人には必要カロリーや水分を点滴で補ったり、エンシュア・リキッドという経腸栄養剤を与えたりします。

よって自分でうつ病を治療する場合には、食べ物の面からもアプローチする必要があります。

どんなに食べたくなくても、うつ病の時に摂取すべきもの3つ

牛乳

牛乳

牛乳はカルシウムの摂取、腸の排泄機能を高めます。そして、気持ちの不安定さやイライラを改善させます。

バナナ

バナナ

バナナは消化が良く、カロリーが高いため、これは食欲ない時にこそ食べるべきものです。悲観的な気持ちや焦燥感を和らげます。

にんにく

にんにく

にんにくは、ビタミンB6が豊富で、食べれば元気になれるものです。免疫力を高め、意欲を改善させます。

にんにくは、刻んで料理の中に入れたり、スライスしてカリカリに焼いて食べてもおいしいものです。

以上のことは、私がメンタルヘルスに関わっているときに、栄養学を勉強して知ったことです。
実際、これら3つの食べ物を毎日欠かさず食べていた人は、うつ病をしっかり克服できていました。

にんにくのきつい臭いが気になる方は、サプリメントも有効です。

うつ病を食べ物で改善参考URL

関連するまとめ

もうデカいなんて言わせない!Taylor Swiftに高身長オシャレを学ぶ

身長が大きいって女の子にとっては大問題ですよね。コンプレックスをオシャレに変えてみませんか?今回は自分のスタ…

rrra

気になる頭の脂っこい匂いその撃退法は?【恥ずかしくて人に聞けない女子も必見です】

なんとなく頭が臭い?体が臭い?皮脂は悪物?気が付くことも難しい人に聞けない匂いの悩みについてどうしたら臭くな…

gmkchoko

青汁って本当にいいの?ダイエットに使った結果とは

私が、一食青汁に置き換えて、マイナス4キロ達成した結果についてまとめてみました。

あり

関連するキーワード

midorimushi

webライターのmidorimushiです。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング