■昼間のおむつを卒業してもよくある「おちびり」

昼間のおむつは卒業して、1人でトイレへ行けるようになったお子様でも、ついつい遊びに夢中でトイレに行くのを忘れてしまい、気が付けば我慢の限界!「おもらし」にはならなかったけれど、下着に少しだけおしっこがついてしまう「おちびり」になってしまった・・・よくありますよね。

でも、下着についたおしっこは時間が経つと臭ってくるし、シミになって洗濯が大変・・・そんな経験がある方も多いのではないでしょうか?

そんな時にオススメしたいのが「パッドタイプ」のおむつです。

■普段の下着が使える「パッドタイプ」

「パッドタイプ」のおむつは普段使っている下着に直接着けるタイプのおむつです。いつもの下着をそのまま使えるため、パッと見た感じではおむつをしているようには見えないということで、昼間のおむつを卒業したお子様でも抵抗感が少ないというのが特徴です。
また、パッド自体は生理用ナプキンに近い大きさなので、幼稚園や学校などで使っても、お友だちなどに気付かれにくいというのも利点と言えるでしょう。

■パッドタイプのおむつの種類と使い方

代表的なパッドタイプのおむつ。
右側がトレーニング用、左側が夜用で、夜用の方が吸収量が多いため大きめサイズになっています。

パッドタイプのおむつは主にトレーニング用と夜用の2種類が売られています。
トレーニング用は薄型で濡れた感じが分かる、夜用は少し大きめで吸収量があるというのが特徴です。
普段の学校生活など、少量のおちびりが心配ならトレーニング用、遠足など長時間トイレに行けない時や入学式などトイレに行くことを言い出しにくい状況など、安心感が欲しい場合は夜用と使い分けるのが良いでしょう。

パッドタイプのおむつは普段使っている下着に直接つけて使います。
なるべく体にフィットした下着であれば何でも良いので、お子様のお気に入りの下着でも大丈夫です。

使い方は生理用ナプキンと同じく、剥離紙をはがして下着に直接つけるだけです。子どもでも簡単に装着することが出来ます。

パッドをつけた下着の中はこんな感じになります。

パッドをつけた下着の外側はこんな感じ。
目立たないので、もし見られてもパッドタイプのおむつをつけていることを周囲に気付かれることは殆どありません。

パッドタイプのおむつを使用するときは体にフィットしやすいように、下着はボクサータイプやトランクスなどは避けた方が良いでしょう。
また、学校などでの持ち運びの時はポーチなどに入れておくと、周囲に分かりにくくなるのでオススメです。

■「おちびり」はいずれなくなるので快適に過ごしましょう!

幼児・学童期の「おちびり」の大半は、成長とともにいずれなくなっていきますので、パッドタイプのおむつを活用して、親子ともども笑顔で快適に過ごしていきたいですね。

関連するまとめ

ラクして乗り切れ!離乳食の作り方と進め方

離乳食作りは意外と大変。ラクする術を学ぶ!

冒険王

赤ちゃんが1歳になるまでに数回ある健診。ポイントは?

赤ちゃんが生まれると、1歳になるまでに何回かの健診があります。 自治体によっても異なりますが、1ヶ月健診から…

リカ

子供のお小遣い事情!いつから?いつまで?いくら?

子供が大きくなるにつれ気になるのが、お小遣いです。小学生高学年ごろから月々お小遣いをあげる家庭も増えてくると…

キテレツ

関連するキーワード

峠の425

主に子育てや旅行関係についてまとめていきます。
旅行会社勤務で、総合旅行業務取扱管理者・旅程管理主任者資格を所持。
国内外の子育てにも興味があります!
趣味は旅行会社勤務ということで、旅行、特に鉄道を使った旅行が大好きです!
よろしくお願いします!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング