永代供養墓とは?

お墓参りできない人に代わって、あるいはお墓参りしてくれる人がいなくても、代わりにお寺が責任持って永代にわたって供養と管理をしてもらえるお墓です。
永代供養墓は、「えいたいくようばか」あるいは「えいたいくようぼ」と呼ばれています。

一般的に他の人と一緒の墓あるいは同じ納骨室(棚)に安置されることから、合祀(ごうし)墓、合同墓、合葬(ごうそう)墓、共同墓、集合墓、合葬式納骨堂などとも呼ばれています。

また個々のお寺によって、永代供養塔、倶会一処墓、永代納骨堂、生前個人墓、永代供養廟(びょう)、永代納骨廟、永遠墓など様々な名称がつけられています。

こんな方におススメ!

子供がいないので、お墓を継ぐ人がいない
家族とともに大自然の中で眠りたい
お寺づきあいは苦手だけど、供養はきちんとしたい

永代供養の費用ってどれくらい?相場は?

合祀墓に最初から入る場合

他の方と共同のお墓になるため、墓石代がかからず墓地使用料も安くなります。

費用は3万円~10万円程度で、その後、管理費用などの追加費用がかからないところが多いため、経済的な負担が最も少ないです。
納骨堂(一定期間は個別安置)の場合

納骨堂の種類や安置期間によっても異なりますが、10万円~100万円前後です。
立地条件や施設の設備などによっても異なり、「駅から近い」「24時間参拝出来る」など利便性が高い場合や、
東京などの都心になると高くなる傾向にあります。
それでも、一般のお墓を購入する場合、120万~200万前後かかりますので、割安です。

他には注目されてる樹木葬

樹木葬とは、文字通り花や木などの樹木を墓石の代わりとした自然葬のひとつです。
日本では1999年以降に採用されはじめた埋葬方法で、宗教に縛られない、墓石よりも低費用で済むといった特徴があります。

さらない宇宙葬や海洋散骨も!

バルーン宇宙葬

バルーン宇宙葬

私たち人類は、この壮大な宇宙の中で「地球」という星が誕生し、この小さな星で生命を授かり、それを先祖代々より引き継いできました。
人類は、これからも生命を子孫に継承しながら、宇宙へ新天地を求め歩んで行くことでしょう。
私たちはこの宇宙の中の一員として死後、宇宙に「散骨」することを、自然に反することではなく、むしろ宇宙に還る自然な営みだと考えます。
「誰にも迷惑をかけず、自然に還りたい・・・。」それが願いであり理想ではないでしょうか。
今まで探し求めた理想の“バルーン宇宙葬”を是非、ご検討頂ければと思います。
海洋散骨

海洋散骨

海にお骨を納める「海洋散骨葬」

日本では火葬が一般的ですので、故人の遺骨はお骨壷に入れてお墓へ納めるのが通常です。しかし近年、遺骨を自然に還す「散骨葬」が増加しています。散骨とは、亡くなられた方の遺骨をお墓に納めず、海や山などへ撒くこと。その形は、海や川、山中や野山、空や宇宙に散骨するなど多様化しています。

小さなお葬式の海洋散骨。「海洋散骨」が55,000円 - YouTube

出典:YouTube

関連するまとめ

ゼロ?れい?あなたはどちらを使ってますか?数字「0」の不思議

数字の「0」。 「れい」?それとも「ゼロ」? みなさんは、どちらで読みますか。 今日は両者の違いをお伝えしま…

rrra

アドラー心理学についてのまとめてみました!!

アドラー心理学は現実的、実践的です。一般に知られている劣等感の代償の話ではなく、ここにあるのは社会の中での生…

flower

【イベント】知っておいて損なし!『日本三大勝浦』ひな祭りまとめ

徳島県勝浦町から始まった「ビッグひな祭り」。 千葉・和歌山の「勝浦」にも広がっていきました。

日本大好き

関連するキーワード

rooms

宜しくお願いいたします。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング