急なフィーバーに給料が追いつかないのはよくある話。でも彼女にはお金とは別の悩みがあった。

2月下旬の夜、肌を刺すような冷たい風が吹きつける中、ブルゾンは世界最大のゲイタウン・新宿2丁目にいた。オネエ系の友人らしき男性と並んでカウンターに座り、ゆっくりとグラスを傾けるが、リラックスモードとはほど遠い。猛禽類のような彼女の視線は、獲物を狙うかのように店内をくまなく見渡していた。
「ブルゾンちゃん、ネタ探しに夜な夜な2丁目に足を運んでるんですよ。今はテレビに引っ張りだこだけど、キャリアウーマンネタしかやっていないし、“一発屋で消えちゃうのが怖い!”って悩んでるんです。この前もオネエ系のスタイリストに、“あんたは本当の意味での2丁目の門をくぐってないの。今日はスゴイとこ行くわよ!”って誘われて、ディープなお店に参戦していました(笑い)」

岡山県出身のブルゾンは、祖母は保育園園長、父は小学校教師という教育一家で育った。偏差値60を超える名門高校を卒業し、教職をとるため島根大学教育学部に進学したが、芸能界に入ろうと一念発起して中退した。

「見た目やキャラの割に、根はクソ真面目。ときどき岡山の方言が出ちゃうのも、まだまだ東京に慣れていない証拠ですよ。ま、芸歴2年目ですからね。場数も踏んでないし、将来に不安を覚えるのもしょうがない話ですけど」(お笑い関係者)

経験不足を露呈したのが2月28日の『R-1ぐらんぷり』。極度の緊張で頭が真っ白になったブルゾンは本番中にフリーズ。終了後の号泣も話題を呼んだ。

そうは見えないが意外にも恋愛経験は豊富。中学時代には10人以上から告白され、上京後にファストフード店で働いたときには、ネパール人バイト仲間数人から猛アプローチされた。

「お笑い養成所時代の同期や先輩の中には、本気で彼女を狙ってる男もいるんですよ。本人は自覚ないみたいですけどバラエティー番組でもプライベートでも、トーク力があって切り返しもうまいから、気に入っている人も多い」(前出・お笑い関係者)

「花は自分からミツバチを探しにいきますか?(絶妙な間)探さない。待つの!」

男女の駆け引きを、花とミツバチに例えた彼女の格言はどうやら実体験。でも、新しいネタは待ってばかりじゃダメ!

関連するまとめ

ソウル旅行で役に立つ!便利な移動手段3つ

ソウルを観光する際、歩きっぱなしだと疲れますよね?韓国は交通費が安いため、様々な交通手段を使うと便利で効率的…

大阪のみさぽ

ロードバイクでダイエット!ローラー台のすすめ

ダイエットをしようと思ってもなかなか体が動かないなんて人も多いのでは?お家で簡単にできる自転車ダイエットを紹…

大阪のみさぽ

映画を目で観るだけではもったいない!今は体で映画を感じるのです!

近年、映画館には様々なスタイルのスクリーンが増えてきています。IMAXやMX4D、など映画をもっと楽しめる話…

海老マヨ太郎

壱と申します。
いろいろなまとめをご提供できたらと考えております。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング