坂上忍さんと犬たちとの関係

坂上さんは、テレビ番組で早朝に散歩に行く姿や、愛犬との生活を見せています。 いくら多忙でも、愛犬たちとの時間を大切にしていることがうかがえますよね。

坂上さんは、テレビ番組で早朝に散歩に行く姿や、愛犬との生活を見せています。 いくら多忙でも、愛犬たちとの時間を大切にしていることがうかがえますよね。

また、番組内でよその犬のしつけなどもおこなっている坂上さん。
愛情を持って、真剣に怒っている、褒めていることが伝わるからこそ、犬たちも言うことを聞いてくれるというもの。
犬たちのためにしっかり時間を取って、「ダメなことを教えてあげる」時間を取らなければ、良い子になってはくれません。

可愛がるのが先になって、しっかりとしつけはできているかちょっと自信が…という愛犬家さん。
しつけは、可愛がるのと同じか、それよりも更に大切なことなのです。

犬の『噛みつき事故』

公表されているデータによると、毎年、一年間で4000件以上も、犬による嚙みつき事故が起きています。

しかも、この噛みつき事故を起こした実に90%以上が飼い犬であり、リードをつけて散歩中の犬による事故は全体の30%にものぼります。

噛みつき癖がある犬は、最悪の場合、ご近所や親族からの訴えで保健所に連れて行かれ、殺処分になる可能性すらあるのです。

犬にとっては楽しいお散歩中。

井戸端会議で目を離した隙に、スマホの画面に夢中になっている隙に、もし、誰かを傷つけてしまったら…?

それらすべては、本当に『事故』?『犬のせい』でしょうか?

飼い主は、飼い主としてのマナーを守らなくてはなりませんし、愛犬がお散歩中に通行人やよそのワンちゃんにとびかかったりしないよう、しっかりしつけてあげなくてはなりません。

坂上忍さんに学ぶ!犬との接し方

①主従関係・上下関係は明確に!

①主従関係・上下関係は明確に!

犬は、グループの中で優劣をつける習性を持つ生き物です。
可愛いから、とつい何でも犬の要求に応えてしまえば、『自分より下だ!』と判断し、全く言うことを聞かなくなります。
お散歩中や、室内でも、勝手な行動・要求をしたら、基本的には『待て!』をさせなくてはなりません。
仲良くなるのと、何でも言うことを聞くのは全くの別物なのです。


犬は、グループの中で優劣をつける習性を持つ生き物です。
可愛いから、とつい何でも犬の要求に応えてしまえば、『自分より下だ!』と判断し、全く言うことを聞かなくなります。
お散歩中や、室内でも、勝手な行動・要求をしたら、基本的には『待て!』をさせなくてはなりません。
仲良くなるのと、何でも言うことを聞くのは全くの別物なのです。

②年功序列を守らせる

②年功序列を守らせる

坂上家では、ご飯の順番から帰宅して玄関に入り足を拭くことまで、すべて長男犬から、と決められています。
特に多頭飼いのワンちゃんは、犬同士の中での立場をわからせることはとても重要なことだそうです。
坂上さんに『食いしん坊ブラザーズ』と呼ばれている三男・ダイチくんと四男・パグゾウくんでさえ、お兄ちゃん犬よりも先にご飯に飛びついたりすることが無いよう、しっかり教えられています。

③怒るときに力でねじ伏せることはしない

③怒るときに力でねじ伏せることはしない

テレビ番組などでよその犬もしつけている坂上さん。
大きな声で『ダメ!』『こらっ!』『待て!』と言ったり、大きな音が出るもので我に返らせるといった方法は良く使っていますが、絶対に叩いたりはしません。
一度手を出してしまったら、今までの犬との信頼関係が崩れてしまうので、絶対にNGです。
力で言うことを聞かせるのではなく、常日ごろから飼い主の言うことを聞かなくては、と思わせることが重要です。

④犬にあだ名をつけたりしない

④犬にあだ名をつけたりしない

飼い主さんの中には、愛犬をいろいろなあだ名で呼ぶ方もいますよね。
例えば、例えば、『チップくん』という名前のワンちゃんを『ちったん』『ちーちゃん』など。
これは、人間からすると本当に何気ないことだと思うのですが、犬はとても混乱してしまうのだとか。
愛情を込めてつけたお名前は、しっかり呼んであげるのが正解です。

⑤メリハリをつけた接し方を

⑤メリハリをつけた接し方を

褒めるとき、厳しくするとき、しっかりと犬にもわかるようにメリハリをつけて接しましょう。

お利口にできたときは、高い声で大げさなほど褒めてあげる。
怒るときは、低く大きな声できちんと叱ってあげる。
可愛がるだけじゃなくて、とても大切なことです。

また、ただ『ダメ!』と怒られても、犬は何がダメなのかわからないことも多いです。
坂上さんがテレビでも何気なく披露していることですが、『おすわり』『待て』など、『それはダメだからこうしていなさい』という具体的な指示を与えてあげるのが効果的なのだそうです。
それができたら大げさなほど褒めてあげ、また悪いことをしそうになったらすぐに怒って指示を出す。
それを繰り返してしつけてあげるのが正解です。

大切なのは、犬と向き合うこと

大切なのは、犬と向き合うこと

坂上さんは、できる限り愛犬との時間を取っていますし、よその犬にも、根気よく繰り返しダメだと教えてあげることを徹底しています。
一度や二度で覚えられなくても、それは当たり前のこと。
あきらめずに犬と向き合ってあげることが大切です。
坂上さんは、飼っているという表現が嫌いだとおっしゃっていました。
大好きな家族をちゃんとした子に育てたい!という気持ちを持って向き合っているからこそ、厳しく温かく愛犬に接している坂上さん。
大好きだからこそ厳しく、温かく接してあげることで、より幸せに暮らすことができるかもしれません!

関連するまとめ

けものフレンズ 第3話「こうざん」の登場動物が見れる動物園をピックアップ!

けものフレンズ 第3話「こうざん」の登場動物が見れる動物園をピックアップしてご紹介します。

動物の森

2003年の時点で自動ブレーキを装備した高級セダンホンダインスパイアの魅力

2003年型のホンダインスパイアにはミリ波レーダーによる追突軽減ブレーキが搭載されるなど先進的な一台でした。…

mino

日帰り可能!自然豊かな気軽なおすすめキャンプ場案内!

夏も近づいてくれば、やはり楽しみたいのはキャンプではないでしょうか? 自然豊かな場所でワイルドな料理を家族や…

大阪のみさぽ

あり

為になる記事をご提供させていただきます。
因みにハンバーグが大好きです♡

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング