①地肌を洗うように優しくシャンプー

普段何気なくしているシャンプーでも、洗い方によって髪へのダメージも変わってきます。

毎日のことなので、正しいシャンプーの仕方をマスターして、美しい髪を手に入れましょう。

まず、髪全体にシャワーをかけて十分に濡らします。

そうすることで、髪の汚れを落とすだけでなく、髪に付けたヘアワックスやスプレーなども流れ、シャンプーの泡立ちや泡切れがよくなります。

1分間くらいは何もつけずに、シャワーで十分に洗い流してください。

次に、シャンプーを手のひらでよく泡立て、頭皮と髪になじませます。

ツメをたてるのではなく、指の腹を使って頭皮をもむようにマッサージしましょう。

頭皮の汚れはフケや髪のべたつきの原因に。

毛穴の汚れをきちんと落とせていれば、余分な皮脂が出ずに、サラサラヘアを保つことができるのです。

また、頭皮をマッサージすることで、疲れがとれてリフレッシュすることができます。

髪の毛は地肌を洗うと自然に泡できれいになるので、特にごしごしこする必要はありません。

最後に、すすぎ残しがないようにお湯でしっかりと洗い流してください。

コンディショナーは地肌ではなく、傷みやすい毛先を中心につけましょう。

商品によって異なりますが、少し時間をおいてから洗い流すと、髪がしっとりします。

②ドライヤーの前にタオルドライをしっかりと

ドライヤーをかけすぎると熱で髪にダメージを与えます。

濡れた髪をドライヤーで乾かす前に、必ずタオルドライを行いましょう。

まず、タオルで地肌をきちんと拭いてから、髪の毛をタオルではさみ、両手を使ってパンパンとたたいて水分をとりましょう。

この時に、ごしごしとこすると髪が傷み、枝毛や切れ毛の原因になるので注意してください。

十分に水分をタオルに吸収させたら、ドライヤーを少し離して当てます。

髪が濡れると、キューティクルがはがれやすくなり、内部のケラチンというたんぱく質が壊されてしまうからです。

ブローする時は、髪の根元を乾かしてから、毛先に向かってドライヤーで乾かします。

髪が半乾きになってきたら、ドライヤーを近づけてスタイリングすると髪へのダメージが少なくてすみます。

③傷んだ髪にはトリートメントでうるおいを

カラーリングやパーマ、毎日のドライヤーで、髪は気を付けていても傷んでしまうもの。

髪の表面はキューティクルで覆われているのですが、これがはがれると髪の水分やタンパク質が失われて、パサパサした髪になってしまうのです。

毎日のケアはシャンプーとコンディショナーだけでもかまいませんが、時々トリートメントも加えて、髪をいたわってあげることをおすすめします。

洗い流すタイプのトリートメントは、シャンプーの後にするのが基本。

トリートメントは髪の内部に働きかける効果があるので、シャンプーで汚れを落としてからトリートメントを付け、最後にコンディショナーで髪の表面をコートするといいでしょう。

洗い流さないタイプのトリートメントは、濡れた髪につけるタイプと、乾いた髪につけるタイプがあります。

濡れた髪につけるトトリートメントは、髪が乾くとともに成分を内部に浸透させることができるので、ドライヤーをかける前に使用します。

乾いた髪に付けるトリートメントは、寝ぐせを直したり、乾燥やパサつきが気になる時に使ったりすると効果的。

オイルタイプやローションタイプなど様々な商品が出ているので、自分に合ったトリートメントを見つけてみてくださいね。

関連するまとめ

ダイエットモチベーションが低下!そのときあなたは? 

決意したはずのダイエットモチベーションが下がってしまったときのアイデアについてまとめています。

リカ

お茶ダイエットに効果はあるのか

様々な方法があるダイエット。 「お茶」に注目してみました。

ボニー

1日1食だけダイエット食品に置き換える簡単ダイエット法

ダイエットは「食事制限と運動」がセットになって健康的に痩せられます。3食ダイエット商品だけを食べているだけで…

筆人

壱と申します。
いろいろなまとめをご提供できたらと考えております。

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング