『六曜』っていうらしい。。

六曜とは、六曜星の略で、大安、友引、先勝、先負、仏滅、赤口の6つを指し、それぞれ意味を持っています。
六曜の順序は、【先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口】の順で繰り返されていますが、旧暦での月の変わり目には順番が変わる事になります。

『諸葛孔明』
[三国志 横山 光輝 (著)]より

『六曜』はもともと中国で生まれたという説があり、「三国志」で有名な

【諸葛孔明】が発案して戦に用いたところことごとく戦に勝利したといわれています。

(諸説あるようです)

『六曜』読み方と意味

「大安」(たいあん)

大いに安し、という意味があります。

何をしてもうまくいく、成功するとされる日で、

六曜の中で最も吉の日となっています。

「結婚式などを大安に行うのがよい」とよくいわれます。

「友引」(ともびき)

友引は、大安に続いて吉日と言われていますが、朝は吉、昼は凶、夕方は大吉と

なっているので、結婚式などは昼に行わないところもあるようです。

しかし元々は、勝負事をしても引き分けになる日という意味から共引と

されていたため、現代の意味とは違う使われ方をしていたようです。

「先勝」(せんしょう/さきかち)

急げば急ぐほど良いという意味ですが、先勝であれば時間を問わず吉という

わけではなく、午前中は吉とされているものの、午後2時から6時までは凶と

いうことなので注意が必要です。

「先負」(さきまけ/せんぷ)

先勝とは真逆の意味になり、この日は急いで何かを決めたり、外出することを

避け、平静に過ごすのがよいとされています。

また、午前中は凶ですが午後からは吉となっているので、何か用事を行う時は

午後からの方がよいと言われています。

「仏滅」(ぶつめつ)

仏も滅するような大凶日という意味があります。

ただ、仏滅は物滅として、それまでの物(事)が滅び、新しく始まる、

という解釈をし、大安よりも結婚や引越しを行うには最適の日だと考える

ケースもあるようです。

「赤口」(しゃっこう/せきぐち)

陰陽道の赤舌日が由来となっています。赤舌日とは、羅殺神が支配する日で、

不吉な日となっています。

何をするにも止めた方がよいと言われていますが、午前11時から午後1時までは

かろうじて吉とされているようです。

『六曜』の周期は??

六曜は先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口の順で繰り返すが、

旧暦の毎月1日の六曜は以下のように固定されている。閏月は前の月と同じになる。

1月・7月 先勝

2月・8月 友引

3月・9月 先負

4月・10月 仏滅

5月・11月 大安

6月・12月 赤口

定義としては、旧暦の月の数字と旧暦の日の数字の和が6の倍数であれば大安となる。

しかし、新暦のカレンダーの上では、規則正しく循環していたものが

ある日突然途切れたり、同じ日の六曜が年によって、月によって

異なっていたりする。

このことが神秘的な感じを与え、これも六曜の人気の要因の一つとなっているそうです。

最後に

いかがでしたか?

六曜のルーツは前述のとおり中国(三国志時代)から始まったといわれて

いますが、実際のところはハッキリしていません。

おじいちゃん・おばあちゃんがよく気にしていたなぁ。。といった感覚です。

いつしか行事の日にちを決める重要な判断材料として、人々に広まって

いったみたいですね。

関連するまとめ

げっぷやガスに気を付けよう!呑気症の原因や対策を調べてみた

友人と話している時に突然ゲップが出そうになったり、お腹が膨れてオナラが出そうになって我慢した、なんて方も多い…

宗國

貯金が出来ない人必見!あなたが貯金を出来ない原因

貯金したくても中々貯金が出来ない人に向けて、貯金が出来ない原因についてまとめました。

rrra

【5月28日】今日は何の日?花火の日

5月28日は花火の日です。 花火についてご紹介します。

イベント日和

日本大好き

はじめまして!
よろしくお願いします!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング