・突然ですが、『青い鳥症候群』を知っていますか?

『青い鳥症候群』

名前だけ聞くと可愛らしい印象を受けるかもしれませんが、

これは主に思春期・青年期にみられる心の病です。

モーリス・メーテルリンク作の童話『青い鳥』では、

主人公のチルチルとミチルが幸せの青い鳥を探しに出かけるものの、

真の幸せはすぐ身近にあるものなのだと気づきます。


青い鳥症候群はこの話から、

『今よりもっと素敵なパートナーが見つかる』

『私はきっと、もっと良い会社に勤められる』

『ここでなければきっと結果は出るのに』と、

根拠のない自信で現実から目を背け、「青い鳥」を探し続けてしまう

若者たちのことを指しています。



理想とする自分と、現実の自分とのギャップを埋められないもどかしさから、

このようなことが起きるのだとか。

・青い鳥症候群になりやすい人

①プライドが高い人

→勉強もでき、資格を取るのも苦じゃない。そこそこ上手に世渡りもできる。

 だからこそ、

『もっと素晴らしい環境があるはず』

『自分はこの程度じゃない』と、

『自分が思う、こうあるべき自分』を追い求めてしまいます。

②子ども時代から、人付き合いが少なかった人

→ひとり遊びも上手くでき、黙々と勉強できる子どもだった。

そんな、社会性を身につける機会があまり無かった人も、

新しい環境に飛び込み、馴染めない最初の段階のうちに、

もっと他に素敵な場所があるのでは?と思ってしまうことも多いのだそう。

③完璧主義者

→①と被ってしまうところはありますが、

『完璧でないことが許せない』人も、なりやすい人です。

『テストで98点を取ったのに、残りの2点が気になってしまう』

『顔も良い、性格も良い彼だけど、何となく大したことない彼のクセが

気になって冷めてきてしまった。』

なんて方は、このタイプかもしれません。

・恋愛と青い鳥症候群

恋愛面では、いくら素敵な人が現れてお付き合いしても、

長期間付き合うと付き合いたての時は何とも思わなかったことが

目について嫌になってしまう。

そんなタイミングで、ちょっと素敵に思えてしまう人が現れ、

気持ちが揺らいでしまう。


いざ、結婚に踏み切るとなると、私の人生一度きりなのに、

この人より良い人がこの先現れるかもしれないのに…

などと考えてしまい、チャンスを逃してしまう。


そんな繰り返しで、気づけば周りは既婚者ばかり。

あの時のあの人と結婚しておいたら良かった…

なんて思い、幸せそうな周りの友人を見て、尚更、何が何でも良い人を

見つけなくちゃ!!という思考に陥ってしまう。


そんな悪循環に陥る前に、青い鳥症候群を決別したいものですよね…。

・仕事と青い鳥症候群

社会に出て、働く。

評価されて、必要とされて、華やかで…。

そんな期待を胸に入社した会社は、激務で思った以上に誰からも

評価してもらえず、地味で単調で…。

『こんなはずじゃなかった』

『ここじゃなかったらもっと評価してもらえるに違いない!』

そう考えて、理想の職場と理想の自分を求めて転職を繰り返してしまう…

なんてこともあるようです。

・青い鳥症候群と決別するには…?

『青い鳥症候群』と言っても、

本質は、意外と誰もが感じたことがあるような感情なのではないでしょうか?

ただ、あなたが抱くその理想とは、いつか、できれば早いうちに、

決別しなくてはなりません。


一番のポイントは、現在の自分をしっかり見つめること。

上には上がいることを、当たり前のことと認め、良い意味で妥協することです。


職場で嫌な人がいたとしても、きっと職場を変えても別の嫌な人はいるもの。

それも、当たり前のことなのです。

『人生で出会う2割の人はあなたのことを好きですが、6割はどうでもいい、

最後の2割は嫌い』

というデータもあるくらいなのです。

憧れのあの人も、優しくてイケメンな彼も、みんな2割の人には受け入れて

もらえないのです。


恋愛についても、良い人は探せばいくらでもいます。

ただ、満点な人間なんて存在しないのです。

こちらも、良い意味で妥協することが重要。


素直に、『あの人は素敵な人だね』って言ってくれる家族や友人の声を

信じて、結婚やお付き合いに踏み切ってみても良いのです。

・最後に

人生がうまくいかないのは、職場のせいでもパートナーのせいでも、

周りの誰かのせいでもありません。

すべて、いるはずもない幻の青い鳥を探し続ける自分のせい。


幸せの青い鳥なんていない、ことを受け入れて、目の前のことに

全力で向き合えば、人生はもっと豊かになるかもしれませんね。

関連するまとめ

知ってるようで知らない認知症の症状について

昔は老人ボケ、や、痴呆症などと言われて差別的な意味も含まれていた認知症ですが、認知症れっきとした病気です。ま…

mino

面倒な洗い物が楽になる!目からウロコの洗い物のコツ!

面倒な洗い物が楽になる!目からウロコの洗い物のコツ!をまとめました

暮らし生活の知恵

ダイドロネルについて

エチドロン酸二ナトリウム

sindou-k

ペニー

はじめまして!
ライター歴2年です。
いろいろなカテゴリのまとめをお送りします!

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング