〖中国料理のコースとは〗

会席料理や洋食のフルコースと同じように、中国料理にもコースがあります。

一般的なコースの流れにはそう大差はないのですが、盛大なおもてなしの心から、品数が多いのが特徴です。

お料理の味付けもどんどん濃厚になっていきます。品数も、縁起がよいとされる偶数が一般的です。

前菜、スープ、主菜(大菜)、ご飯物、点心、デザート。これが、一般的なコースの流れです。

注意しておきたいことは、主菜と書かれていても、1皿だけではないことがほとんどです。

コースのメニューが少ないな~と思っていたら、主菜で4~5皿運ばれてくるなんてこともありますから、

コースをオーダーする時には、品数の確認を忘れないようにしたいものですね。

メニューは大皿で盛られたものを取り分けていただきます。ですから、同席者と相談して、

オーダーするコースを統一する必要があります。

〖回るテーブルのマナー〗

中国料理店といえば、やっぱり回る机でしょうね!(^^)

憧れますよね…!!(≧ω≦)

まず、席次は一番入り口に遠い席が上座になります。中国料理でもレディーファーストが採用されますので、

位の高い人で女性から順に席につきます。角テーブルの場合も、考え方は同様です。

テーブルセッティングは、とってもシンプルです。和食と同じお箸と、スプーンが付きます。

ターンテーブルは右にゆっくりと回すのが鉄則です。

回す時には、テーブルからはみ出した大きな皿をコップなどに引っ掛けないように気をつけてくださいね。

取り皿には自分の分だけサーバーを使って取りましょう。サーバーは両手で使うほうが、

こぼしにくく、音も立てずに扱いやすいですよ。

戻す時も、回すのに邪魔にならないように返しましょうね

〖ニガテな料理が出てきたら〗

中国料理では、香辛料を多く使うため、苦手な調理法や味付けがあるかも知れませんね。

そんな時に、ターンテーブルが回ってきたらどうしよう…?!

はい、大丈夫ですよ。ニガテなものは、無理に取らなくてOKです。

次の方に「どうぞ。(^^)」と声を掛けて回しましょう。

黙って回すと、お隣の方は「???」と思うものです。

しかし、1品ずつ提供された時は別です。全く手をつけないことは、大変失礼に当たります。

こんなもの食べられないってコトになっちゃうんです。

これは、その昔、毒殺が多かった時代まで歴史が遡ります。

もてなした相手を信用できるかどうかが、お料理を全て食べたかそうでないかで、

判断するからなんですね。

中国では、たくさんのお料理で盛大におもてなしすることが礼儀とされているので、

食べ残すことはマナー違反ではありません。食べ切れなくてもいいですから、

少量でも必ず、口をつけるようにしましょう。

〖アラカルトの注意点〗

中国料理店でも、メニューはアラカルトでオーダーすることはモチロン、可能です。

辛いものや濃い味付けがニガテで、コースに多く含まれているようであれば、

好きなものをチョイスできるアラカルトを選ぶのも、賢い選択と言えますよね。

アラカルトを注文する時に、注意したいことですが、レストランと大きく違うことは、メニューの表記の仕方です。

私たちは、肉料理、魚料理、パスタ…と素材によって分かれているメニューが見慣れていますよね。

しかし、中国料理は、料理法によって分類されています。

煮込み、揚げ物、蒸し物…、こんな感じです。

ということは、揚げ物と煮込みと炒め物を注文したら、「どれもこれもエビだった…prz」

なーんて失敗だってありえるんですよね。(^^;;

ですから、注文する時には、調理方法だけでなく、素材も重ならないようにすることが大切です。

また、量は1人分ですので、人数分を注文しましょう。

小皿、中皿、大皿と書かれている場合の量の目安は、小は2~3人、中は4~5人、大は小皿の2倍程度と考えればよいでしょう。

〖器やお箸の正しい扱い方〗

中国料理場合、食べるツールがお箸ということもあって、気構えることなくお料理を楽しむことができますが、

いつもの和食のような使い方で、マナー違反にならないのでしょうか?(^^) 

中国料理にには、中国料理のマナーがあるはずです。

いつものつもりで使う前に、正しい使い方をチェックしておきましょうね。

特に注意したいのは、器の使い方で、最も大きな違いは「器を持ち上げない」ことです。

取り皿に取る時も、持ち上げずに、置いたまま。

器は1皿に1品、使い終わったら、新しく取り替えます。

お箸も、右手だけで持ちます。両手を使って取り上げることもしなくて良いのです。

もうひとつ、スプーン代わりになるれんげですが、指でつまむように持ちます。

汁そばなどを頂く場合には、れんげを受け皿代わりにして、上品に頂きます。

〖食事中はお茶?お酒?〗

会席料理やフルコースは、お酒を楽しみながらいただくものでしたよね。

中国と言えば、様々なお茶文化が発達している国です。

それでも、中国料理の場合も、やっぱりお酒なのでしょうか。

中国式では、食事中はお茶でもお酒でもOKです。(^^)

特に、お水ではなく、お茶が好まれるのは、中国料理に脂っこいものが多いためです。

油を溶かす役目のあるお茶を一緒に頂くことで、胃によい影響を与えるんですね。

お茶は、様々な種類がありますが、食事中はウーロン茶がサッパリとしていてオススメです。

食後は、香りを楽しむジャスミン茶、油の分解を促進するプーアル茶などが良いでしょう。

食事中のお茶は無料だったり、有料だったり、お店によって違います。

〖してはいけない中国料理の食べ方〗

中国料理は、専門店で頂く場合でも、レストランや料亭などのかしこまった場ほど、

細かなルールはありません。最低限のことだけ知っておけば、楽しく美味しくいただけることが、何よりの魅力です。

してはいけないこと、いくつか紹介しておきます。

ターンテーブルという、独特のテーブルだからこそ、気をつけたいことばかりですよ。

・サーバーをテーブルからはみ出して置かない

・サーバーを返さない

・調味料を返さない

・使った皿をターンテーブルに置かない

・人が取っているときに、テーブルを回さない

・立って料理を取らない

・人のお料理まで取り分けない

・フーフーしない。(息を拭きかけて冷まさない)

円卓の調味料は、みんなで使うものですから、使い終わったら必ず返しましょう。

小さいものですので、勢いよく回すと転倒の恐れがありますから、注意を払ってくださいね。

マナーの常識 食事編 中華料理編  VOL1

出典:YouTube

関連するまとめ

「これで夜道も安心に走れる!夜間の自転車グッズ」

夜間の暗い時間帯に自転車で走るときに装備しておくと安全な自転車グッズについてまとめています。

rrra

あったか~い!ホッカイロを効率よく使う技

寒い時期になると重宝するアイテムにホッカイロがありますよね。あったか~い!ホッカイロを効率よく使う技をご紹介…

暮らし生活の知恵

壱と申します。
いろいろなまとめをご提供できたらと考えております。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング