カットタイプやホールタイプなど、使い勝手がよく料理に活用しやすいトマト缶。

しょっちゅうお世話になっているという方も多いのではないでしょうか?

そんなトマト缶、どんな栄養があるのかやどんな料理にどのタイプを使うと良いのかについてあまり知られていないものです。

意外な真実や知って得する知識をご紹介します。

〖栄養ってあるの?〗

トマト缶のトマトは、加熱して加工されていますので、熱にさらされると壊れてしまうビタミンCは無くなってしまいます。
でもトマトといえば、リコピンですよね。リコピンは抗酸化作用のあり、アンチエイジングにも役立ちます。また血行を良くする働きもありますよ。を改善する働きもあるため、トマトダイエットなんてダイエットも流行ったくらい代謝を良くしてくれるそう。
実は、リコピンに関しては生のトマトよりもトマト缶のほうが豊かに含まれているのです。生のトマトよりトマト缶のほうがリコピンが包含量がある理由は、日本で流通しているトマト缶は、ほとんどがイタリアから輸入しているものだからです。
イタリアは気候が良く、日光が燦々と照りつける環境の中でトマトが育ちます。ですから、イタリアのトマトは日本のトマトよりも抗酸化物質が多く含まれているのです!日本のトマトはビニールハウスで作られていることが多く、生のトマトは日本産のため、缶のほうがリコピンに関しては豊富といえます♪

〖カット?ホール?お料理によって賢く使い分けよう〗

《ホールトマト》

楕円形の品種のトマトがそのまま入ったものです。

うま味が強くトマトが柔らかいです。

煮込み料理にぴったりです。

トマトソースやカレーにどうぞ!


《カットトマト》

まんまるの品種のトマトが角切りになって入ったもの。

ほどよい酸味で果肉がしっかりしています。

すぐ火が通るのでソテーやトマトのオムレツなどに。

関連するまとめ

滑らかな口当たりで栄養価も高いアボカドのレシピ

特に女性からの人気が高いアボカドは、美味しいだけでなく美容にだっていいんです。そんなアボカドを使ったレシピを…

華やかなアーティストのパティシエ!その仕事とは

美しいケーキを作る派手なイメージのパティシエですが、一方では過酷な重労働でもあります。そんなパティシエの仕事…

taro

バテ知らず!フルーツビネガーで夏を健康に乗り切ろう

この夏を健康的に乗り切るために、おいしくてさわやかなフルーツビネガーをオススメします!

ハムスター

壱と申します。
いろいろなまとめをご提供できたらと考えております。

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング