色々なダイエットを試してはまた挫折、を何度も繰り返していませんか?ダイエットの内容も大事ですが、もっと大事なのは日々の習慣。身につけばダイエットする必要さえなくなってしまいます。

今回は、やせる習慣を身につける「ダイエッターの心得3つ(買い物編)」をご紹介します。

1.見られても恥ずかしくないカゴにする

スーパーやコンビニで買い物をするとき、ついつい自分の欲望のままにカゴにいれていませんか?やせている人の食生活はすぐには真似できないですが、「見られても恥ずかしくないカゴにする」と考えればすぐにできます。レジで並んでいる時、横の人に「あー、だからなんだ」と思われないようなかごの中身をめざしましょう。いろどりや量など、誰に見られてもいい中身なら、自然にダイエットすることになりますよ。

2.お腹がすいていない時に買い物に行く

お腹がすいているときに買い物をすると、ついつい色んなものに目移りして買い込んでしまいます。普段は我慢できる甘いものや、帰ってからすぐに食べれる揚げ物やお惣菜を買ってしまうのは、お腹がすいている証拠。食後やおやつの後など、お腹が満たされている時に買出しに行けば必要以上に買い込むこともありません。作る余裕も生まれますし、お腹をみたすために適当なものを食べることもなくなりますよ。

3.ストックは日用品のみにする

いつもより安いからといって、食材をたくさんストックしていませんか?インスタントラーメンやお菓子など、保存がきくからといって買いだめするのは危険です。いつでもすぐに食べれるものをストックするのは、目の前にたくさんお菓子を並べているのと同じこと。少し気が緩んだらすぐに手を出してしまいます。また野菜なども冷凍しておけば保存ができますが、鮮度が落ちて栄養価が変わってしまいます。よほどの余裕のないとき以外は、ストックは日用品のみにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?ダイエットは難しいですが、やせる習慣を取り入れることはそんなに難しくはないですよね。1つでも習慣になれば、ダイエットをしない生活に一歩近づいています。全部じゃなくてもいいので、チャレンジしてみてください!

関連するまとめ

美肌を手に入れるために試したい方法3選をご紹介

女性なら美肌を手に入れたいものですよね。そんな女性の為に、おススメしたい美肌を手に入れるための方法をご紹介し…

ボニー

食べないダイエットは美容の敵!きちんと食べてダイエット!

食べないダイエットで体を壊したり我慢できずに食べてリバウンドするケースがあります。 食べないダイエットでど…

女性の味方

骨盤ダイエットが体にやさしい理由

無理なダイエットではリバウンドが!痩せにくい体質が原因ではなく、骨盤自体のゆがみが関係していることが多くある…

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング