お酒と料理の相性を考えて組み合わせて、おいしさを引き立てるのがマリアージュというテクニックであり、フランス語で「結婚」という意味の語が、マリアージュという言葉の由来になっています。
マリアージュというとワインのイメージが強いかもしれませんが、ビールにも立派なマリアージュテクニックがあるのです。

原産地を合わせよう

ビールのマリアージュとして簡単なのは、そのビールの原産国の料理をおつまみにすることです。
ベルギービールにはフライドポテト、イギリスのペールエールにはフィッシュアンドチップス。そしてドイツのビールにはソーセージがぴったり!
日本産ビールであれば、天ぷらや焼き鳥、たこ焼きやお好み焼きなども合いますよね。

色の濃さを合わせよう

色で合わせるのも基本的な方法です。色の薄めのおつまみには黄金色のビール、色の濃いものや味の濃いおつまみには濃い色や黒ビールが相性抜群です。
濃い色のビールはしっかりと熱を入れた麦芽の香ばしい香りや甘い口当たりが魅力。こうしたビールには、しっかりとした味つけと甘めのタレが効いた焼き鳥など濃い色のものがぴったり。
逆に黄金色のビールには、適度に熱を入れた麦芽の、やさしくてさっぱりとした口当たりが魅力。それを引き立ててくれる薄目の色の天ぷらや、塩などで味つけされた肉料理などがぴったりなのです。
色の濃さは味の濃さにも比例しますので、これはどのお酒に合わせる際にも適用できますよ♪

関連するまとめ

あの食べにくいサンマの塩焼きが劇的に食べやすくなる魔法の切り方!

美味しいけど食べにくいのが難点のサンマの塩焼きを、お箸がまだ上手く使えない子供さんまでもが、パクパク食べれる…

日本上陸求む!海外限定のスタバドリンク3選

海外でしか売られていない、現地の定番人気ドリンクをご紹介します!

あり

楽しもう!バーベキューの野菜フル活用料理

わいわい盛り上がるバーベキュー。ふつうのメニューでも美味しいけど、いつもよりさらに一工夫加えましょう。

rrra

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング