1ベビーベッドのサイズ

ベビーベッドには一般的に2つのサイズがあります。

約120cm×70cmのレギュラータイプと、約90cm×60cmのミニサイズです。

レギュラータイプは赤ちゃんの成長に合わせて、長く使用できるという

メリットがありますが、一方でサイズが大きく、スペースを取るという

問題があります。

反面、ミニサイズのベビーベッドはスペースの問題はクリアできますが、

長く使用する(24カ月までとなっている商品が多いですが、実際には1歳前に

卒業する赤ちゃんも多数いるようです)ことができません。

どちらを選択しても一長一短があるということですね。

2便利な機能

ベビーベッドの中には赤ちゃんを寝かせるだけでなく、板の位置を下げて、

ベビーサークルとしても使えるものがあります。

長く使いたい人は付帯機能もチェックしておきたいですね!

・成長してベッドとしての必要性がなくなった時は、インテリアの収納ラックとして使用できるタイプです。また、サークルとしても使用できるので、室内でペットを飼っている方にも大変便利です。

・もう1つご紹介します。
こちらもベッドの下にオムツ用品や授乳用品などが収納できるベッド。
とってもコンパクトで可愛いベッドが、キッズデスクに変身し、お絵かき・お勉強ができるように工夫されています。

3ベビーベッドの選び方

では、何を決定打にすればよいのでしょうか?

ずばり、スペースから考えるのがおすすめです。

赤ちゃんが生まれると様々なグッズで部屋が圧迫されます。

それでもなお余裕のある場合はレギュラータイプを、少しでもゆとりを

持ちたい方はミニサイズを購入しましょう!

赤ちゃんやお母さんが快適に過ごせるような


”スペースづくり”


を優先してみてくださいね!

関連するまとめ

子どもが学校でおもらししちゃったら?その後の対処法

自分でトイレに行けるようになった小学生や中学生の子どもでも、時には学校でおもらししちゃうこともあります。今回…

峠の425

どれがいいの?子供を伸ばす知育玩具を選ぼう

どれがいいの?子供を伸ばす知育玩具を選ぼう。 お子様がおもちゃで遊びながら学習してくれたら嬉しいですよね! …

暮らし生活の知恵

大学入試センター試験の仕組みと概要及びアドバイスについて

大学入試を受験するうえで避けて通れないのがセンター試験です。 今回はセンター試験の概要と仕組み、アドバイスを…

flower

ボニー

よろしくお願いいたします。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング