バーニャカウダは2月28日、「仕事上の悩みに関する調査」の結果を発表した。調査は1月12日~13日、20~69歳の男女931名を対象にインターネットで行われた

「仕事に関して困っていることはあるか」を聞くと、

64.4%が「ある」と回答した。

具体的に困っていることを聞くと、

「給料」(53.0%)が最多に。以降「人間関係」(32.5%)、

「人生・キャリア設計」(24.7%)と続いた。

性年代別に見ると、年代では大きな差は見られなかったが、

男女間では「長時間労働」(男性22.8%、女性16.2%)、

「リーダーシップ」(男性14.6%、女性8.5%)、

「マネジメント」(男性12.7%、女性6.0%)などの項目で男性の方が割合が高かった。

「仕事で困っていることがある」と回答した600名に対し、

「誰かに相談するか」を聞いたところ、53.5%が「相談しない」と回答。

特に、40代では「相談しない」と回答した割合が63.1%と他の年代に比べ高くなった。

なお、「相談しない」理由については、

「誰に相談して良いのかがわからない」(27.1%)、

「気持ちの問題(恥ずかしい・心配させたくない・失望されたくない等)」(24.6%)、

「自分で解決できると思うため」(22.4%)が上位に並んだ。

関連するまとめ

転職市場での第二新卒はどう考えられているの?第二新卒のメリットとデメリットをまとめま…

転職市場での第二新卒はどう考えられているの? 第二新卒のメリットとデメリットをまとめました!

専門君

面接官が「転職した理由」をきく理由!面接で好印象を与える転職理由とは!

面接官が「転職した理由」をきく理由! 面接で好印象を与える転職理由とはどのように考えればよいのかまとめまし…

専門君

壱と申します。
いろいろなまとめをご提供できたらと考えております。

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング