2月25日、26日に行われたラグビー・シックスネイションズ第3節の3試合の結果を振り返ります。

イングランド 36-15 イタリア

前日本代表ヘッドコーチのエディー・ジョーンズ率いるイングランドは、昨年グランドスラムを達成し、今年も優勝候補筆頭です。

しかし今年のイングランドは、昨年ほどの圧倒的な戦いができていません。

第1節フランスに19-16、第2節ウェールズに21-16と2連勝したものの辛勝続きです。

この試合最終的に点差は離れましたが、前半は5-10でイタリアがリードし、イングランドに暗雲が立ち込めます。

ハーフタイムでエディーに相当活を入れられたのでしょう、後半は立ち上がりからイングランドが攻勢に出ました。

途中イタリアに1トライ許しましたが、5トライ3ゴールを上げて36-15とイングランドが圧勝しました。

前半と後半で全く違うチームのようでした。

ハーフタイム、ロッカールームでのエディーの鬼の形相が目に浮かびます。

スコットランド 29-13 ウェールズ

1勝1敗同士の対戦は接戦が予想されましたが、以外に点差がつくことになってしまいました。

前半は13-9でウェールズがリードし、最後までもつれる展開になるのではと、後半が楽しみでした。

しかし後半はスコットランドの一方的な展開になり、2トライ2ゴール2ペナルティ・ゴールを上げ、ウェールズを無得点に抑えました。

29-13でスコットランドが勝ち、優勝に望みを残しました。

ウェールズにとっては予想外の完敗でした。

しかも司令塔のスクラムハーフ、レイドローが欠場したスコットランドに対して、敵地とはいえ後半無得点での完敗は、この後に影響しそうです。

アイルランド 19-9 フランス

この試合も1勝1敗同士の対戦で、こちらは接戦になりました。

前半は7-6でアイルランドがリードしました。

後半、アイルランドが着実にペナルティ・ゴールを決め、またドロップ・ゴールも一つ決めて、手堅く得点していきました。

トライのない重苦しい時間が多くなり、エキサイティングさには欠けましたが、シックス・ネイションズらしくディフェンスの固い試合でした。

まとめ

関連するまとめ

ランニングでダイエット!成功のため長く続けるのに必要なことは!?

ランニングでダイエット!成功のため長く続けるのに必要なことは!?

女性の味方

【悲報!】浅田真央引退!動画で振り返る女王の軌跡!!

2017年4月、とても晴れやかな笑顔で引退会見を行った浅田真央選手。 フィギアスケート界に残した彼女の功績は…

日本大好き

プロ野球セ・リーグのクライマックスシリーズ出場への熾烈な戦い

プロ野球のセ・リーグのクライマックスシリーズ出場へ熾烈な戦いをしている、DeNAベイスターズと読売ジャイアン…

宗國

スポーツマン

スポーツ大好き!よろしくお願いします!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング