背景は「白」にする

メルカリに出す商品は、自分で撮影したものを載せましょう。
気軽にスマホなどで撮って、すぐに出品できるのがメルカリの気軽さでもあります。
ですがその画像、買いたいと思える画像でしょうか?
せっかく出品するなら、きれいに撮った写真で出品した方が確実に売れます。
簡単にきれいな画像に見えるポイントは、背景を白にすること。
たったこれだけで、売れるスピードが変わりますよ。
ですが、商品の傷や色むらなどを隠す、といったことではありませんので注意してください。

商品説明はしっかりと

出品画面には、商品説明を書くところがあります。
購入する人はしっかり説明を見て買う人がほとんどですので、しっかり記入しましょう。
特に、新品なのか中古なのか、中古の場合はいつ頃購入したものなのか、どれくらい使用したのか、使用期限はあるのか、タグはついているのか、箱はあるのか、どれくらいで発送が可能なのか、発送方法は何を使うのか、など細かく漏れなく書きます。
ここをしっかり書かずに出品していると、後々トラブルになる可能性が高くなりますので気をつけましょう

画像は4枚載せる

出品画面には、画像は最大4枚まで載せられます。
売れるためには、最大の4枚を載せましょう。1枚目には白を背景にしたメインの画像を載せ、2枚目以降には実際に使っているところや、傷が目立つところ、後ろからの画像、などを載せます。
ポイントは、その商品を買って手元に来たときのことをイメージさせること。
買う人にイメージさせることができたら、売れる確立は確実にあがります。
また、欠陥ポイントがあるならバッチリ画像を撮って載せましょう。
後々にトラブルにならないよう、気持ちのいい取引を心がけてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
この3つのポイントを意識するだけで、売れるようになります。
新品で購入してほとんど着ていないタンスの肥やしが、ほぼ購入したときの
価格で販売できるかもしれませんよ!

ぜひ試してみてくださいね。

関連記事:フリマアプリ「メルカリ」で悪い評価がつかないコツ3つ

関連するまとめ

ネットで簡単!キャッシング

最近ではネットで簡単にキャッシングの申し込みができます。そんなネットキャッシングの方法について調べてみました…

青い彗星

捨てるものを持って行って、お小遣いに変える。

古新聞、古雑誌、牛乳パック、段ボールはアテナ製紙 アルミ缶、スチール缶、家電、古着などはエコ便に持って行って…

あり

フリーター、派遣スタッフ必読!給料をアップさせる方法!

正規雇用は性に合わないという人も多いです。しかし、定時に出社して、定時に帰宅できるフリーター、派遣社員、アル…

rrra

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング