ふろしきやふくさは、日本人にとって昔から馴染みのあるものですが、意外と正しい使い方を知らない方は多いのではないでしょうか。

今回は1枚あると便利なふろしきの使い方や、ふくさのマナーについてご紹介します。

ふろしきのすすめ

日本人は昔から「包む」ということをとても大切にしてきました。

ふろしきは、一つでいくつものバックを持っているのと同じような働きをしてくれるので、とても便利です。

また、単に物を入れて運べるだけでなく、ふろしきを開いて渡すという行為自体に、もてなしの心を表すとも言われています。

包み方はどんな場面でも使える、真ん中をきゅっと結んだ「お使い包み」や、贈り物を持参する時にふさわしい「平包み」、エコバック代わりにもなる「バッグ包み」など様々な種類があるので、一度調べてみると面白いですよ。

素材も絹や木綿、化学繊維など色々あります。

冠婚葬祭や贈り物をする時は絹、普段使う時はじゃぶじゃぶ洗える木綿など、場面に合わせて何枚か持っておくと便利です。

ご祝儀袋を包む際に、ふくさの代わりに、風呂敷を用いることもできますので、少し小さめのサイズも持っていると便利です。

ふろしきというとご年配の方が使われるイメージが強い方もいるかもしれませんが、最近ではオシャレなデザインのふろしきがたくさん売られています。是非自分のお気に入りの1枚を探してみてはいかがでしょうか。

知っておきたいふくさのルール

ふくさは、ふろしきの小さなもの。木綿や絹のちりめんでできたものが多く、ご祝儀や不祝儀を包む時に使います。

慶事や弔事の際に欠かせないふくさですが、いくつかの決まりがあるので、しっかりと覚えておきたいもの。

まず、慶事と弔事では包み方が逆なので、注意が必要。お祝いの時にはまず左側から折ります。

次に、上側を折ってから下側を折り、右を上にかぶせて、最後に左端を折ります。

不祝儀の時は右側から折り、次に下側を折ってから上側、左を上にかぶせてから、右端を折ります。

祝儀の時と逆なので、間違えないように注意しましょう。

ふくさの色は様々ですが、赤色、朱色、えんじ色などはお祝い事、藍色、灰色、鶯色はお悔やみごとに使われます。

紫色なら慶事と弔事のどちらにも使えるので、一枚持っておくと便利です。

渡し方は、受付がある場合、事前にふくさを出しておき、一礼してからふくさを開きます。

祝儀の時は右手で、不祝儀の時は左手で開いて袋を出し、畳んだふくさの上に乗せて差し出します。

関連するまとめ

孤独死を引き起こす“キケンな部屋”の共通点とは?【ストレスが溜まる部屋ワースト5】

平均寿命が年々延びている長寿大国日本。しかし、死ぬまで健康でいられるわけでもなく、「太った」「疲れやすい」な…

紫外線防止&プライバシー保護のための窓のミラーフィルム

夏になるとどうしても気になってしまう、窓の紫外線。 せっかく窓に貼るなら、紫外線カット効果だけでなく目隠し効…

taro

「お部屋探し」の参考にも?!【JR東日本】各駅の乗車人員ランキング

2015年度のJR乗車人員ランキングをまとめました。 1位はやっぱりあの駅でした。

日本大好き

関連するキーワード

暮らし生活の知恵

日々の生活や暮らしていく上で大切な知恵をまとめていきます!

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング