お弁当が腐ってしまったことはありませんか。せっかく作ったおかずが腐ってしまっては残念ですよね。そこで、ちょっとした工夫でお弁当を腐りにくくする方法をご紹介します。

おかずはしっかりと火を通す

おかずの定番卵焼きを作る時は、切り口に卵液がにじまないようにすることです。少し硬めに仕上げるのがポイントです。朝に準備することが多いお弁当は、忙しい中で作ることも多いかと思います。特に気を付けたいのは、揚げ物です。急いでいるあまり中まで火が通ってないなんてことにならないようにしましょう。から揚げを作る時は、いつもより小ぶりにカットしたりと工夫をしてみてください。

しっかりと再加熱

お弁当に入れるおかずが前の日のものの流用というのは、よくあることかと思います。前の日に作ったものだとすでに火が通っているので、再加熱の必要がないと思う方がいるかもしれません。しかし、一度冷めてしまったおかずは再び温め返すことで腐りにくくなります。温める時の注意点としては、中までしっかり温めるということです。表面だけ温まっていて、中が冷たいなんてことにならないようにしましょう。

汁気が出ない工夫

持ち運んでいる間にお弁当の中身が動いてしまうことがあるかと思います。そんな時に、おかずに汁気があったりすると、味が混ざってしまう上に、腐りやすくなってしまいます。汁気は、お弁当の中の湿気なので、湿気を取り除くことがお弁当を腐りにくくするポイントになります。おかずに煮物などの汁気のあるものを入れる場合は、炒り煮のようにして汁気を飛ばしたり、煮詰めた調味料に材料を絡ませるようにするなどの方法を取るのがおススメです。

関連するまとめ

【6月4日】今日は何の日?蒸し料理の日

6月4日は蒸し料理の日です。 蒸し料理の日についてご紹介します。

イベント日和

【議論】え!生きてる魚を飲み込む日本の伝統料理「シロウオの踊り食い」は残酷なのか /…

今回は極めて小さい魚のシロウオの踊り食いが話題となっている件を取り上げてみました。

野菜嫌いなお子さんも美味しく食べられるお好み焼き&ケーキ!

人参やほうれん草などが嫌いな子供さんもペロッと食べられる簡単で美味しいレシピをまとめました!

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング