お弁当が腐ってしまったことはありませんか。せっかく作ったおかずが腐ってしまっては残念ですよね。そこで、ちょっとした工夫でお弁当を腐りにくくする方法をご紹介します。

おかずはしっかりと火を通す

おかずの定番卵焼きを作る時は、切り口に卵液がにじまないようにすることです。少し硬めに仕上げるのがポイントです。朝に準備することが多いお弁当は、忙しい中で作ることも多いかと思います。特に気を付けたいのは、揚げ物です。急いでいるあまり中まで火が通ってないなんてことにならないようにしましょう。から揚げを作る時は、いつもより小ぶりにカットしたりと工夫をしてみてください。

しっかりと再加熱

お弁当に入れるおかずが前の日のものの流用というのは、よくあることかと思います。前の日に作ったものだとすでに火が通っているので、再加熱の必要がないと思う方がいるかもしれません。しかし、一度冷めてしまったおかずは再び温め返すことで腐りにくくなります。温める時の注意点としては、中までしっかり温めるということです。表面だけ温まっていて、中が冷たいなんてことにならないようにしましょう。

汁気が出ない工夫

持ち運んでいる間にお弁当の中身が動いてしまうことがあるかと思います。そんな時に、おかずに汁気があったりすると、味が混ざってしまう上に、腐りやすくなってしまいます。汁気は、お弁当の中の湿気なので、湿気を取り除くことがお弁当を腐りにくくするポイントになります。おかずに煮物などの汁気のあるものを入れる場合は、炒り煮のようにして汁気を飛ばしたり、煮詰めた調味料に材料を絡ませるようにするなどの方法を取るのがおススメです。

関連するまとめ

手抜きなのにまるでレストランの様な味のオムライス

いつものオムライスにちょっとアレンジをしただけなのに、まるでお店の味の様なオムライスの作り方をご紹介します。

青い彗星

いつもとはちょっと違うアレンジおにぎりレシピ

片手で食べれる手軽さが嬉しいおにぎりですが、定番の具材には飽きてしまったなんてことはありませんか。そんな時に…

ペニー

バテ知らず!フルーツビネガーで夏を健康に乗り切ろう

この夏を健康的に乗り切るために、おいしくてさわやかなフルーツビネガーをオススメします!

ハムスター

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング