保湿成分の違いを知ってますか?

美肌をキープするには、毎日のスキンケアで保湿成分を補うことが大切です。

ですが一言で保湿成分といっても、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸など

多くの種類があります。

さらに年代によって必要になる保湿成分も変わってきます。

効果的に美肌ケアを行うためには、自分にピッタリの保湿成分を理解する

ことが重要です。

20代から減りはじめる「セラミド」と「コラーゲン」

セラミドは肌の表面に近い表皮に存在する成分です。

細胞と細胞の間に存在し、水分を逃がさないようにする働きがあります。

コラーゲンは、セラミドよりも肌の奥である真皮の主成分です。

真皮の約70%はコラーゲンだと言われており、プルプルとした肌の弾力は

コラーゲンによって保たれています。

セラミドとコラーゲンは20代を過ぎたあたりから、徐々に減少しはじめます。

なので、20代30代の保湿ケアはセラミドとコラーゲンの摂取を

意識してみましょう。

コラーゲンは肌の奥にあるので、浸透率の高いものを選ぶのもポイントです。

40代から激減する「ヒアルロン酸」

化粧水や美容液、乳液など多くのアイテムに配合されているヒアルロン酸。

ヒアルロン酸は、コラーゲンと同じように真皮に多く含まれています。

水を抱え込む力が強く、細胞と細胞のクッションのような役割もしています。

ヒアルロン酸が少なくなると肌が乾燥し、肌のハリも低下してしまいます。

ヒアルロン酸は40代を境に急激に減少する保湿成分です。

ですので、40代からの保湿ケアはヒアルロン酸も補うことを意識しましょう。

ナノ化されたヒアルロン酸を使用すれば、真皮まで浸透しやすくなります。

まとめ

いかがでしたか?

年代によって、必要な保湿成分は変わっていくんですね。

ご自身に合った保湿成分で保湿して、お肌を維持していきたいですね!

関連するまとめ

プロテインダイエットについて

「最近太ったなぁ」「ダイエットしなきゃ」そう考えている方にオススメのダイエット法をご紹介します。

オトコのミカタ

やせる習慣を身につけよう!ダイエッターの心得3つ【買い物編】

色々なダイエットを試してはまた挫折、を何度も繰り返していませんか?ダイエットの内容も大事ですが、もっと大事な…

世界の雑学王

「やる気」について知っておきたい3つのこと。

「やる気」の出る仕組みや、コントロール方法についてまとめてみました。 実は脳の働きと深い関係があるようです…

素の人(しろのーと)

ペニー

はじめまして!
ライター歴2年です。
いろいろなカテゴリのまとめをお送りします!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング