「シャトル拾い」

バドミントンをするとき、落ちたシャトル(羽)をラケットを使って

シャトルをサクッと拾うとなんとなくカッコいいですよね!

それだけで上級者に見えたりします。

その拾い方のコツを解説いたします。

「大事なのはシャトルの向き」

初心者の人は、やみくもにシャトルを拾おうとします。

うまくなるとどんな形でもできないことはないのですが、慣れないうちは

シャトルの向きを統一しておきましょう。

地面に落ちたシャトルのコルクの部分を、自分の方を向くように調整します。

落ちているシャトルはコルクを中心にしてグルグル回りますので、

ラケットでちょっとつついてやれば簡単に向きを変えられます

「向きを調整したら...」

・ラケットを寝かせて、地面との角度が45度くらいになるようにします。

・ラケットのエッジを横からそっと近づけます。

・シャトルまでの距離が数センチメートルぐらいになったら

・ラケットをシャトル方向にずらしながら、ラケット面が水平になるまで

一気に手首を返します。

・このとき、地面を少し削るくらいの感覚でOKです。

・金魚すくいの要領に似ていますね。シャトルがラケットに乗らず

吹っ飛んでしまうようなら手首の返しが遅いと思ってください。

・あとはタイミングを掴むまでひたすら練習です。

【初心者向け】シャトルをラケットですくい取る方法 【シドニーオリンピック日本代表 井川里美】

出典:YouTube

まとめ

この練習は自分の部屋でも学校の教室でも、ひとりで行うことが可能です。

ひたすら繰り返せばそのうち身体が覚えます。

それまで地道な努力をしてみてください。

どんなベテランでも最初は必ずこの練習を通ってますよ!

関連するまとめ

大相撲、持ち前のスピード相撲で幕内上位を狙う石浦に期待

軽量というハンディで苦労しながら幕内に昇進。優勝争いを演じるなど、現在ではすっかり幕内に定着している石浦関に…

rbkg

【侍ジャパン始動!】意外と凄かった台湾プロ野球リーグ選抜

WBCに向け壮行試合を行った侍ジャパンと対戦した台湾プロ野球リーグ選抜チームについてまとめてみました。

オトコのミカタ

ダイエット、健康促進のために毎日続けたいヨガのポーズ

ダイエットや健康促進のためにヨガは日本でもブームになっています。ヨガは本来、マインドと身体の繋がりを重視する…

rbkg

ボニー

よろしくお願いいたします。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング