「シャトル拾い」

バドミントンをするとき、落ちたシャトル(羽)をラケットを使って

シャトルをサクッと拾うとなんとなくカッコいいですよね!

それだけで上級者に見えたりします。

その拾い方のコツを解説いたします。

「大事なのはシャトルの向き」

初心者の人は、やみくもにシャトルを拾おうとします。

うまくなるとどんな形でもできないことはないのですが、慣れないうちは

シャトルの向きを統一しておきましょう。

地面に落ちたシャトルのコルクの部分を、自分の方を向くように調整します。

落ちているシャトルはコルクを中心にしてグルグル回りますので、

ラケットでちょっとつついてやれば簡単に向きを変えられます

「向きを調整したら...」

・ラケットを寝かせて、地面との角度が45度くらいになるようにします。

・ラケットのエッジを横からそっと近づけます。

・シャトルまでの距離が数センチメートルぐらいになったら

・ラケットをシャトル方向にずらしながら、ラケット面が水平になるまで

一気に手首を返します。

・このとき、地面を少し削るくらいの感覚でOKです。

・金魚すくいの要領に似ていますね。シャトルがラケットに乗らず

吹っ飛んでしまうようなら手首の返しが遅いと思ってください。

・あとはタイミングを掴むまでひたすら練習です。

【初心者向け】シャトルをラケットですくい取る方法 【シドニーオリンピック日本代表 井川里美】

出典:YouTube

まとめ

この練習は自分の部屋でも学校の教室でも、ひとりで行うことが可能です。

ひたすら繰り返せばそのうち身体が覚えます。

それまで地道な努力をしてみてください。

どんなベテランでも最初は必ずこの練習を通ってますよ!

関連するまとめ

ファンを虜にした高校野球の異名シリーズ ~四国編~

高校野球では投手中心のチームもあれば、 打撃を中心にチームを組む高校もあります。 そこで今回はかつて甲子園で…

mino

すっきり飲める!スポーツ元気っ子たちにおすすめのプロテイン

スポーツをしている子供たちには、運動で失われやすいビタミンなの栄養が必要です。バランスのいい食事とともにプロ…

スポーツマン

知っていますか?高校野球の名将監督!~関東編~

中学生の進学に少しでも役立ちたくて関東の高校の野球部の監督をまとめました。

rrra

ボニー

よろしくお願いいたします。

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング