オシャレなインテリアがたくさん登場する名作『アメリ』

『アメリ』(原題: Le Fabuleux Destin d’Amélie Poulain, 「アメリ・プーランの素晴らしい運命」の意)は、2001年4月に公開されたフランス映画。
パリ・モンマルトルを舞台に、パリジャンの日常を描き、フランスで国民的大ヒットを記録した。キャッチコピーは「幸せになる」。
ストーリーや映像、美術に愛らしさがあふれる一方、ジャン=ピエール・ジュネ監督らしいブラック・ユーモアや奇妙な人間像、コミュニケーション不全の問題も描かれている。

『動物の絵画』

アメリのベッドルームには、動物の絵画が飾ってあります。

自然や人物像も良いけれど、お部屋のアクセントになる動物の絵画は

アメリの部屋のポイントとも言える部分です。

エリザベスカラーを付けた犬とアヒルの絵画がアンティークな雰囲気を

醸し出します。

大きさや数、形など自分の好みや部屋の大きさに合わせて、

飾る絵画を替えるのも面白いかと思います。

『ランプシェード』

ランプシェード、使っていますか?

部屋に備え付けのライトを使っているという方も多いかと思います。

でも、ランプシェードは明り取りの意味だけでなく、

インテリアとしても優秀なものなのです。

アメリは、豚がランプを握っているデザインのランプシェードを使っています。

動物デザインというと、少し子供っぽいというイメージをお持ちの方も

いるかと思いますが、そんなことはありません。

選ぶアイテムによって、大人でも使うことの出来る動物アイテムが

あるんです。

選ぶ時のコツとしては、アンティーク調のものを選ぶということです。

新品の様な見た目より、アンティーク調のものの方が、

他のインテリアとの馴染みも良くなります。

『クッション』

アメリのベッドにある、緑色のクッションはシンプルながら、

無くてはならない存在です。

アメリの部屋の壁紙は赤なので、緑色のクッションが良く映えます。

部屋の壁紙が赤という方はあまり多くないかもしれません。

なので、自分の部屋の壁紙に合わせてクッションをコーディネートすると

おしゃれになります。

ちょっとしたことでも、こだわりを持てばアメリの様な素敵な部屋になりますよ。

関連するまとめ

キッチンペーパーを1回で捨てるのはモッタイナイ!? 何回使えるか耐久性テストしてみた

「一度限りで捨てなければならない」という概念をあえて捨て、使い捨て所品を限界まで使い倒すことにチャレンジ! …

え!?社員に禁煙を義務化する会社…いくらなんでも「やりすぎ」では?

社会ニュース!! 厚生労働省は今年1月、受動喫煙防止対策として飲食店などの建物内を「原則禁煙」とする方針を公…

雑貨屋さんで本当に買ってほしいものはペーパーナプキン

雑貨屋さんで本当に買ってほしいものはペーパーナプキン

暮らし生活の知恵

ボニー

よろしくお願いいたします。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング