①物を借りた時のちょっとした気遣い

職場や学校などで、ペンやハサミなどの小物を貸し借りすることはよくあります。

人から物を借りたときは、それがどんなものであっても、大切に扱うのが

マナー。

使い終わって返す時には、汚れたペン先や刃先をティッシュで軽く拭いてから、

ペン先や刃先は自分の方に向けた状態で差し出し、

「助かりました。ありがとう」

ときちんとお礼を言いましょう。

自分の持ち物が大切に扱われているものを見て、不愉快に思う人はいません。

物を通して、自分自身も大切に扱われているように感じるからです。

逆に、借りたまま机などに置きっぱなしにして忘れてしまうと、相手は

「なんていい加減な人なのだろう」

と感じ、信用を失いかねません。

また、相手もいつそれが必要になるか分からないので、物を借りる時は

相手の都合も考慮して、用が終わったらすぐに返すようにしましょう。

②手みやげを持って行く時のちょっとした気遣い

手みやげは、招待されたことに対する感謝の気持ちを示す大切なものです。

友人のお宅を訪問するときには、ちょっとした手みやげを用意しましょう。

喜ばれる手土産といえば、やはり日持ちのするお菓子でしょうか。

また、シャンパンやワイン、フレッシュジュースなどの飲み物類も喜ばれます。

急に人数が増えたり、宴が盛り上がったりして、飲み物が足りなくなることが

あるかもしれませんし、もし余ったとしても、すぐ痛む心配がないので

差し入れには最適です。

もし料理を持参する場合は、相手の用意しているメニューとかぶらない

ように、あらかじめメニューを聞いておくことを忘れずに。

食べ物や飲み物の他には、お花を手みやげとして持っていくのも素敵です。

ただ一つ注意したいのが、花束の状態だと、招待主が花瓶に

活け直さなければならないので、手間がかかってしまいます。

そこで、もともと籠などに活けられているフラワーアレンジメントなら、

ポンとテーブルに飾ることができるので、手みやげとしてはおすすめです。

手土産を用意する時は、招待主の気持ちになって選ぶことが大切です。

③お中元・お歳暮を贈る時のちょっとした気遣い

ひと昔前までは、お中元とお歳暮の季節には、日頃の感謝の気持ちを

贈り物に託して、お世話になっている上司や恩師のお宅まで自分で届けに

いったそうです。

しかし現代では、わざわざ自宅まで出向く人はほとんどおらず、宅配業者に

まかせることが多くなってきました。

そこで、おすすめなのが、贈り物を送る前に

「先日、○○さんの好物を見つけたので、少しですがお送り申し上げました。

ご挨拶に代えて…」

というように一筆したためることです。

挨拶とともに近況報告も書き添えると、相手は形式的な挨拶以上のものを

感じ、嬉しく感じることでしょう。

お中元・お歳暮は日ごろお世話になっている方に感謝の気持ちを伝える

絶好の機会。

是非贈り物と一緒に、感謝の気持ちを一筆したためてみてはいかがでしょうか。

最後に

いかがでしたか?

学校・職場など人と接する機会でマナーよく振舞えることはとても大事です。

人同士、気持ちよく付き合いたいものですね!

関連するまとめ

本当に体に良いの?マイナスイオンに根拠があるのか徹底調査!

マイナスイオンが実は、テレビによって作られた造語だと知っていましたか? 家電量販店に行くと、ドライヤーや空気…

ChrostnSoto

借金の消滅時効について

時効の援用を行い、成立すれば確かに借金は返さずに済みます。しかし、返す前提で借りたものを返さないとなると、債…

flower

完全個人的!業務用スーパーリピート厳選商品!

最近はネットや、宅配型のスーパーなど色々な形で食材や生活用品を購入できるようになりましたね。しかしそれでも家…

まとめマスター

関連するキーワード

ペニー

はじめまして!
ライター歴2年です。
いろいろなカテゴリのまとめをお送りします!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング