落書き被害にあった横浜市営地下鉄の車両

落書き被害にあった横浜市営地下鉄の車両

「爽快感は禁じ得ない」

そもそもの発端となったのは、2017年2月19日に起きた横浜市営地下鉄への落書き事件。

市営地下鉄の計2車両の先頭部分などに、ペイントスプレーとみられるもので落書きをされたというもの。

横浜市側は発見直後に管轄の警察署に通報している。

22日のJ-CASTニュースの取材に応じた横浜市交通局の熊谷勝博車両課長によれば、

落書きのサイズは最大で高さ1.2メートル、幅5メートルほど。何が描かれたかについては、

「アルファベットを図柄化したようなものだが、何が書かれているのかは判読できない」

としている。

なお、落書きがあった車両は20日中に職員が1日がかりで清掃と点検を行い、

21日から運用を再開しているという。

こうした落書き事件について、Kダブシャインさんは21日のツイッターに、

「もっとやれー!と言ったら怒られるんだろうな。

ただこれぞヒップホップ!!という爽快感は禁じえない」

と肯定的な意見を寄せた。その上で、「このまま走らせてみたい。

個人的にはピカチューのジャンボジェットより好き」との感想も綴っている。

確かに、スプレーやペンキを用いた路上への落書きは、

ヒップホップという文化の中では「グラフィティ」と呼ばれ、重要視されてきた。

実際、1970年代にニューヨークの黒人を中心に生まれた初期のヒップホップ文化において、

グラフィティは「四大要素」の一つに数えられていた(他の3つはラップ、DJ、ブレイク・ダンス)。

今回のKダブさんのツイートは、こうした文化的な背景を踏まえたものとみられる。

だが、インターネット上では「犯罪を助長してる!」

「これがヒップホップなら早々に廃れてもらいたい」との批判が殺到し、

いわゆる「炎上状態」となった。

グラフィティは「文化」なのか

投稿への批判が相次いだことを受け、Kダブさんは

「現象として感傷に浸っただけで作品として賞賛した覚えはありません」

と投稿の意図を説明した。

それでも批判の声は止まず、ツイッターやネット掲示板には、

「ヒップホップやってる人からすると文化かもしれないが、

関係ない人からすると迷惑行為。しかも犯罪」

「他人の財産に経済的な損失を与えるような文化は文化じゃなくてただの破壊活動だよ」

「自分の家に落書きされてもヒップホップだって言えるのか」

日本人グラフィティアーティストが手がけたアニエスベー青山店のファサードに注目!

出典:YouTube

CASPER (山栄ART工房) グラフィティデザイナー@レゲエTV

出典:YouTube

注目記事↓↓↓↓

関連するまとめ

雨の日は花粉が多くなる??雨の日に花粉症の症状が強くなる原因とその対処法は?

花粉が多くなるこの季節。 ニュースの天気コーナーでは、花粉情報も教えてくれます。 天気の良い日は花粉の飛散率…

暮らし生活の知恵

文章力をアップしたいなら、知っておきたい基本とは

文章を書くのが苦手な人は多いのではないでしょうか。 難しい言葉を入れる必要はありません。 文章力をアップする…

なおさん

【感涙】猫が死ぬ直前に心を許した人にだけ見せる行動が衝撃 / 猫「サヨナラいままであ…

日本で現在最も多くの家庭で親しまれているペットと言えば猫になるだろう。自由気ままなライフスタイルに魅了され、…

壱と申します。
いろいろなまとめをご提供できたらと考えております。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング