「文武両道」という言葉がありますが、ぜひこれに「音楽」も付け加え、幅広いスキルを身につけた子供に育てましょう。

1.小さい頃から始めてこその音楽系お稽古事

ギターやトランペットなど、中学生や高校生になってから始めてもものにできる楽器とは違い、小さい頃からお稽古を続けていたからこそ習得できる楽器があります。

ピアノやバイオリンはクラッシックの繊細な感性を必要とするので是非とも小さい頃から始めましょう。

特にバイオリンは、チェロやコントラバスと違いとても小さな指の動きが必要であることから、大きくなってからの習得は難しいと言われています。

小さい頃から始めるならバイオリンがおススメです。

2.選択足を増やす語学の習得

子供達がもし、バイオリン、車、ゲームなど何かに興味を持った時に「英語ができたらもっと情報が集まる」と教えてあげましょう。

英語は情報量を増やすので、よほど日本独自なこと(例えば相撲や歌舞伎)以外は確実に世界を広げます。

たとえ相撲と将棋が大好きであったとしても、外国でこのような日本独特の文化をどのように評価されているかを知るのは興味深いことですから、どちらにしろ英語が無駄になることはありません。

3.運動神経がいいと高度なスポーツにチャレンジできる

運動は肉体だけでなく頭も使います。

繰り返しや根気が必要なのでメンタルも強くなります。

スポーツチームに参加することで人と触れ合う機会が増えるのももちろんですが、頭(勉強)と感性(音楽)と肉体(スポーツ)の三つを総合的に使うことで、相乗効果でどのスキルも単独の場合よりも伸びやすくなります。

違う一面の確保という意味でも、スポーツは欠かせません。

関連するまとめ

ほめる教育がおすすめされるのはなぜ?理由は脳の仕組みにあった

無理に褒めずに子どもの話を聞き、気持ちに共感する。これで充分です。

flower

お子さんに遊ばせたい!子供の知育玩具4選

小さいお子さんの成長は本当に早い!そんな可能性あふれるお子さんの成長はやはり気になりますよね。幼少期から遊び…

宗國

お腹が張って辛い!妊娠中の便秘の原因について調べてみた

妊娠中の悩みは本当につきませんよね。 数ある中でも、妊娠中の便秘は本当に苦しいもの。 今回は、そんな妊娠中に…

茶々子

関連するキーワード

暮らし生活の知恵

日々の生活や暮らしていく上で大切な知恵をまとめていきます!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング