金融業界は、銀行、証券、保険、信販会社や消費者金融など広く職業があります。

すべての職種は景気に左右される職業ばかりですが、かなりの人気がある職業でもあります。

そんな金融業界の就職に有利な資格を3つご紹介します。

日商簿記

金融業界以外のほとんどの職種でも必要または取得していると望ましいとされている資格「日商簿記検定」です。

実務レベルである日商簿記2級を取得していれば有利になります。

宅地建物取引主任者

不動産業界では必須の資格だといわれている国家資格ですが、金融業界でも「貸し出し業務」に、不動産の知識も大きく関連してくるため持っていると有利になります。

ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)

FP技能検定とは、働くうえで身につける、または必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定制度で、試験に合格すると合格証書が交付され、「技能士」を名乗ることができます。

銀行、証券会社や保険会社で取得していると有利な資格となっており、独立して仕事を始めることもできる資格です。

関連するまとめ

【天国?】プラカード持ちのアルバイト【苦行?】

不動産のプラカード持ちのアルバイトは楽だという評判ですが実際のところはどうなのでしょうか? 応募方法と仕事内…

あり

転職セミナーとは?参加して転職前の疑問や不安を解消しよう!

企業に実際求められていることは何なのでしょうか? 転職セミナーでは就職活動に役立つ情報が入手できます。どの…

専門君

簿記の資格どれが就職に有利なの?

簿記の資格っていっぱいあるけどどれが有利なの? 日商簿記や全経簿記、全商簿記などそれぞれの資格についてご紹介…

専門君

専門君

ITやWEB関係、不動産やリフォームなどの専門分野をまとめています!よろしくお願いします!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング