多汗症(たかんしょう)とは、体温の調節に必要な通常の範囲を超えて、手、足、腋の下、顔などに、日常生活に支障を来たす程の汗がでる疾患です。

多汗症の治療はいろいろありますが、ここではボトックスによる多汗症の治療についてご紹介します。

ボトックス治療

ボトックス治療は、わきの下に注入することでエクリン汗腺の活動を抑制し汗の分泌を抑える治療です。

ボトックス治療の注意点

永続的な効果ではない

治療時間は約5分程度でお手軽な施術ですが、効果時間は半年から1年ほどです。

妊娠中にはおすすめできない

懐妊時のボトックス使用は安全性が確立されていないためやめた方がいいでしょう。

患部を触らない

皮下注射をされた部分は、術後しばらくの間は強く押したり擦ったしないようにくれぐれも気をつけましょう。

圧迫などにより液が拡散すると多汗症の目的の筋肉以外の部分まで効果が広がる危険性があるためです。

ほかの薬との併用には気を付ける

ボトックスで多汗症治療を行ってから3~4ヶ月以内に筋肉をゆるめる薬や精神安定剤、抗菌剤パーキンソン病治療薬を飲むとトラブルが発生する危険性があるようです。

まとめ

多少時間がかかっても、納得のできるクリニック・病院を探して手術を受けましょう。

良心的なクリニックなら問題はないのですが、ところによっては古いボトックスの使い回しや、過剰に希釈したボトックスを使うところもあるのでそういった点でも注意が必要です。

関連するまとめ

夜の女磨きでスッキリして素敵な女性になりましょう

今の女性は恋やアルバイトで忙しいです。シンデレラタイムを過ぎてからの帰宅は当たり前。女磨きはきちんとできてい…

rrra

座る姿勢を改善するだけで、痩せる効果が期待できる!?

デスクワークの方でも、座ったままエクササイズができます。 姿勢を意識して、ダイエットできる方法についてまとめ…

青い彗星

骨盤ダイエットが体にやさしい理由

無理なダイエットではリバウンドが!痩せにくい体質が原因ではなく、骨盤自体のゆがみが関係していることが多くある…

専門君

ITやWEB関係、不動産やリフォームなどの専門分野をまとめています!よろしくお願いします!

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング