基礎食品群と呼ばれる炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミンC、カルシウム、カロテンをそれぞれ摂取できる食事内容がお勧めです。

厚生労働省が作った指針で、うち炭水化物、タンパク質、脂質を

三大栄養素といいます。

カロリー調整はメタボリックシンドロームに必要ですが、

栄養素を意識することで自然とできます。

1日約25~30品目を目安に献立を組み立てることが理想ですが、

かといって毎日そんなことを続けていては息が詰まるかもしれません。

メタボリックシンドローム予防食の内容としては、

簡易な目安として毎食を主食・主菜・副菜の

3類で組み立てるように心がけが大事です。

これだけでもメタボリックシンドロームの予防に近づきます。

果物を一日一回は摂り、可能であれば外食時に丼物やラーメンなどの一品ものはなるべく避けるべき!

野菜を多くとる食事をに心がけます。

和食の定食形式の食事は、

メタボリックシンドロームの改善にかなり効果的です。

動物性食品と植物性食品のバランスがとてもよく、

低カロリーな和食は栄養バランスが取れいいメニューといえます。

効果的にメタボリックシンドロームを予防しましょう!

まずは和食中心な食事に徐々に変えていきましょう。

良質なタンパク質として肉より魚、そして豆腐や納豆など大豆製品がおすすめです。

和食の中で丼物は野菜が少ないので、丼物を食べるとしたら野菜も一緒に食べる事が重要です、

そして、

なるべくなら薄味で低カロリーなメニューを食べましょう。

関連するまとめ

ニベアクリームでリップパック!かさつき唇とはおさらば

いかがですか。 ぜひ一度試してみてください。

flower

「基礎代謝を上げることによって効率的にダイエットが可能」

ダイエットで効率的に体重を落とすために大切な基礎代謝を上げることについてまとめています。

宗國

彼から可愛いと思ってもらうためのデート用ヘアスタイル!!

ヘアースタイルをいつもとは違う感じにするだけでその日の気持ちも変わってきますよね。 是非試してみてください。

flower

壱と申します。
いろいろなまとめをご提供できたらと考えております。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング