生保・損保事務の仕事は、主に保険会社や保険商品の販売代理店にて、生命保険や損害保険商品に関する事務手続きを行うことです。具体的には、お客様からの問い合わせへの対応や商品に関する契約内容の照会、保険料の領収、保険給付金請求書などの処理、各種資料作成、顧客データの管理業務、代理店への事務フォローなどです。データを分析する業務では、専門的にエクセルを使用できるスキルが必要な会社も多いようです。
また保険商品の販売を通信販売で行う会社も増えており、それに伴いコールセンターにて問い合わせ対応を専門に行う場合もあります。
業界知識や保険に関する商品知識が必要になりますが、 しっかり研修で学べる環境が整っている会社も多いので、未経験からでも活躍できるチャンスはあるでしょう。

事務処理全般を行う仕事が損害保険会社やその代理店には存在します。損害保険会社の事務といえばそのことです。
内容が多様化してきている損保業界では今事務的な部分でもスペシャリストが必要とされています。
金融の自由化の影響でしょう。
損保会社の事務の仕事によって一層のスキルアップをはかることも可能です。
一般事務よりも専業化した損保事務を身につけることができるからです。主な損害保険会社での事務の仕事は、様々な書類の作成です。
保険に関する見積書や申込書、契約書、保険証書などの書類です。損害保険会社では契約の申込みや契約内容の変更チェックのほかに、損保専用システムへのデータ入力業務などの仕事があります。保険金の清算や入出金の処理も損害保険会社の事務の仕事です。
もうひとつ重要な仕事があります。契約者から領収した保険料を保険会社が出力した明細と合わせてチェックします。
顧客と電話等で直接相談しながら最適な保険を選択して見積書等を提出することや、事故連絡を受け付けての保険会社への連絡もします。損害保健会社の事務は保険金請求書類などの送付や回収も行いますし、クレーム対応などもします。
人と話す機会が事務というわりにはかなり多い仕事であるといえるでしょう。
会社によっても、また保険の種類によってもシステムや扱いが異なってくるので、事務の仕事にも専門的な知識が必要です。
一口に損保と言っても傷害保険、自動車保険、火災保険など様々な種類があるからです。
損保事務に特化した資格が整備されているのはそのように複雑な内容の仕事になるからなのです。

関連するまとめ

あまり知られていない職業の中で珍しい仕事・変わった仕事!!

あまり知られていない職業・知られていない仕事にだって、きっと新しい出会いがあるかもしれません。

flower

“達人”すぎて警察に通報!!韓国のクレーンゲーマー

世界のニュース!! 2017年2月23日、韓国・聯合ニュースは、韓国の地方都市のゲームセンターに現れた驚くべ…

【警視庁捜査1課長が!】美人記者(23歳)を竹刀でボコボコにした。

2月13日に警視庁捜査1課長に就任した上野洋明氏(58)が、刑事部の武道始式で入社1年目の女性記者Aさん(2…

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング