魚の目は命に関わるような病気ではないにせよ、一度できると非常に厄介なものです。

この厄介な魚の目とは具体的にどのようなものなのでしょうか。

魚の目とは?

「魚の目」とは、足裏や足指の皮膚の角質が、部分的に分厚くなってできる皮膚の病変のこと。「タコ」も、同じように角質の増殖、硬化によってできる皮膚の病変ですが、魚の目は、芯があり痛みをともなうことが多く、タコは、芯がなく痛みあまり感じないことが違いとしてあげられます。

また、魚の目は、中心にできる芯の部分が、まるで魚の眼のように見えることから、「ウオノメ」と呼ばれますが、正式には、「鶏眼(ケイガン)」といいます。

魚の目ができる原因

あの痛くて厄介な魚の目ができる原因というのはどんなものなのでしょうか。

①足に合わない靴

魚の目ができる第一の理由に、足に合わない靴を履いていることがあります。

新しく買った靴のサイズが自分の足のサイズと異なっていたとしても、多少ならば無理矢理にはく人は結構いると思います。

ですが、靴の形に比して足の甲が広めな人は、左右から足の甲が圧迫されます。

大きさが合わないことが原因で足指の付け根が押しつけられることもあります。

非常に魚の目になりやすい状況です。

元々は皮膚の防御反応で、継続して同じような摩擦や圧迫をずっと受けた結果、皮膚の一部が硬くなって角質化するのです。

長期間に渡って同一の摩擦や圧迫を受け続けた皮膚は、防衛のために角質状になります。

そのため、皮膚科での指導では、必ず自分の足に合う靴を履くようにと言われるはずです。

合わない靴をはき続けると、結局魚の目が再発します。

②ハイヒールの靴

足の形に合わないハイヒールを敢えてはき続ける女性は多いようですが、それも魚の目になる要因の一つです。

デザインだけではなく足にフィットした靴を選ぶことが大切です。

魚の目の治療方法

もし魚の目らしい症状が出たらどうすればよいのでしょうか。

①皮膚科に行く

魚の目の手術

患部の進行が著しい場合には、皮膚科では外科手術で対応します。

医師の手術で魚の目そのものを切り開き、魚の目の『目』の部分を取り除きます。

皮膚科によってはレーザーや液体窒素を用いるところもあり、麻酔をして芯を完全に取り除くこともあります。

再発を防ぐためにはタコのように削るだけではなく、きちんと取り除かなければなりません。

魚の目の患部をえぐり取るために、スピール膏という薬品を使うこともあります。

これは角質化した部分をほぐしてくれます。

確実に直したいなら皮膚科へ

確実に魚の目を治療したいなら皮膚科に行くのがよいのでしょう。

何度も同じ場所に魚の目ができてしまったり、痛みを感じるくらいに患部が大きくなったなら、完全に治癒させるために皮膚科に行きましょう。

魚の目の症状に合わせた対応をしてもらえます。

②市販の治療薬を使う

魚の目を治す市販薬も出ていますので、軽度なら家庭でも治療ができます。

魚の目のようなものができたと感じたなら、症状が重くなる前に市販の薬を使って早い段階で対応した方が治りも早く、病院に行く手間もなくなります。

一般的に自宅でできる治療は市販の角質軟化剤を塗って魚の目を柔らかくしてからフットケア用品などで角質を取り除くという方法です。

まとめ

皮膚科の先生は魚の目はこわい病気ではないけれど、痛みできちんとした姿勢で歩けなくなることで姿勢が悪くなり腰痛などの別の症状が出てくることがあることも指摘しています。

魚の目ができてしまったら、放っておかずに速やかに皮膚科に診察してもらいましょう。

また、魚の目が再発しないような靴の選び方なども聞いておくとよいでしょう。

関連するまとめ

産後うつについての対策と周りの人のケアについて

産後うつとは、自分の赤ちゃんを出産直後に現れるお母さんがうつになる症状のことです。 産後うつについてまとめて…

女性の味方

健康的に痩せたい方におすすめのダイエット法3つ

痩せたいけれど、過度な食事制限やサプリメントには頼りたくたい方へ、普段の生活にプラスアルファするだけで痩せる…

女性の味方

プロテインでダイエットができるのか!!

効果的にダイエットするには、ほどよい運動をしながらプロテインを摂取したほうがいいですね。

flower

関連するキーワード

つくくん

できるだけ皆さんに役立つ知恵をまとめていきたいと思っています!
よろしくお願いします

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング