多汗症をブロックするためのボトックスの働きは永続的なものではありません。

大体半年~10ヶ月で効果がなくなり永続効果の期待はないです。

なので、そのつもりで最初から注射を受けるべきでしょう。

一定期間をおいて注射しなおす等の対処をしていきましょう。

ボトックスの効果が消える前に再注射をすること。

ボトックス製造メーカーでアラガン社は推奨しています。

完全に効果が消えないうちに注射の方が、

結果的にボトックス効果が出ます。

ボトックスで汗腺が萎縮するともいいます、

この時は半年周期で数年、ボトックスを使い続けていたようで、

ボトックス注射は極細針を用います。

一度の注射で1~2センチに拡散するので、1センチ~2センチの間隔を

あけて50箇所程度注射をし、多汗症をブロックします。

注射針、技術や経験、個人差によって痛み感は変わります。

チクっとする程度だったという人もいれば

かなり痛かったという人もいます。

多汗症対策に有効性が高いといわれ、

ボトックス注射は広く用いられています。

切開や他の場所から発汗するような代償性発汗もありませんが、、保険が適用されないのです!

多汗症

出典:YouTube

継続が必要なのですが、

ボトックスが高価であることがネックです。

もちろんクリニックによって差はありますが、

多汗症をボトックスでブロックする方法は一回の平均が

10万~15万円程度かかるようです。

関連するまとめ

ニトロールについて

硝酸イソソルビド

sindou-k

紫外線は肌だけではなく、目も紫外線対策が必要

紫外線が強い日は、UVクリームを塗る人は多いです。 しかし、肌だけではなく、目にも紫外線対策が必要なのです。…

リカ

ダイエット時の食生活と代謝

エネルギー代謝と食生活について知ることが、ダイエットの第一歩ですね。

壱と申します。
いろいろなまとめをご提供できたらと考えております。

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング