面接官が「転職した理由」をきく理由とは?

転職理由は、どの会社への就職活動でも聞かれるでしょう。

面接担当者が転職理由を聞く理由は、その人の人物像を知るためですが、採用した場合、同じ理由で退職することにならないか、前の職場で抱いた転職理由は自分の会社で解消されるのかを確かめるためです。

転職理由の状況が起こりそうだと面接官は採用しない

残業問題による転職

例えば、残業の多さに不満があって転職をした人は、残業が頻繁に求められる会社からの採用は難しいでしょう。

同じような理由で辞めてしまいそうだからです。

人間関係による転職

職場を変える理由には人間関係の問題を挙げる人が結構いますが、そのような人は会社を変えれば問題は消えるのでしょうか。

面接の場で、前の仕事を辞めた理由に人間関係のゴタゴタが絡むことを話す時には注意が必要です。

人間関係の悩みはどんな職場でもありますから、職場を変えても再発しないとは限らないと面接担当者が感じる可能性があるからです。

周囲のせいにはしない

また、周囲の人が原因で問題が起きた、自分は悪くないと言うような人はまず断られます。

それは、自分に責任があるかをしっかり見ていない人と思われることがあるからです。

仕事を辞めた理由が人間関係のもつれであるということは、特に隠し立てするものではありません。

就職活動で重要なのはそれをどのように表現するかです。

プラス・マイナスの転職理由

転職するときにプラスの理由を持って活動することは、就職先を探す時に有利となるだけでなく、先々のさまざまな局面で大事になってきます。

プラス思考で就職先を選択したという思いは、その後の支えになります。

発端はマイナスの理由から転職を決意したのだとしても、そうした思いをプラスの理由に変えることができれば、支えが生まれるからです。

最初に、自分はどういった理由から転職を考えているのかをじっくりと見つめ直し、紙に書き出してみましょう。

例えば

人間関係に問題があって転職を考えている場合

プラスの理由 : 周囲と連携を取ってチームで団結して目標に向かって邁進したい

マイナスの理由: 社内の人間関係・空気が悪くギクシャクしている

他人に見せるための就職活動用の動機ではなく、自分が納得できる明確な動機を見つける必要があります。

転職の活動のため、動機の表現を直していくのは、それからでも遅くありません。

厳しすぎる業務、人間関係の悩み、辛い残業などが原因であった人でも、もっと具体的な転職理由を探してみます。

そして、どのような状況になれば自分が満足できるかを考えます。

仕事を頑張りたくないのはなぜか、本当は何がしたいのか。

そのようにして、やってみたい仕事の内容と、現在の自分の状態との差を明確化し、「自分はこんな風にしていたいのだが、現在はこんな感じ」というように状況を整理することで、プラスの動機の発見につなげます。

まとめ

転職とは、あくまで目的であってはならず、手段にすぎません。

転職理由が逃避であっても、すべてが問題だというわけではありません。

ただし、現在の仕事は何が駄目で、どういった点に問題があって転職したいと思うのか、どうすれば自分は満足できるのか。

そういった点をきちんと明確にしてから、転職を考えていく方が今後のトラブルをかかえることなく進みます。

関連するまとめ

比較サイトで調べるのは常識に?よりお得にネットを使いこなすためには

買い物や旅行に関する比較サイトが数多く誕生しています。比較サイトを利用し、より安く、高品質な商品を選ぶための…

現役セラピスト直伝!リラクゼーションセラピストのお仕事が効率よく稼げる理由3つ

今ではそこらじゅうにリラクゼーションサロンがありますよね。実は、セラピストのお仕事はほぼ年齢に関係なく稼げま…

ペニー

あなたは大丈夫? 職場によくいる嫌われる先輩

4月になり新入社員が入ってきた企業も多いのではないでしょうか。 後輩が出来て初めて先輩になった方、勤続〇年以…

まとめマスター

専門君

ITやWEB関係、不動産やリフォームなどの専門分野をまとめています!よろしくお願いします!

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング