オリンピックをひかえた日本。グローバルコミュニケーションが必須となる中で、多くの学校では英語教育の低年齢化が進んでいます。小学校低学年から英語を教える学校もあるようですね。スポンジのような吸収力を持つ幼い子供たちにとって、シャワーのように英語に触れることは、バイリンガルへの近道と言えます。学校頼みにせず、おうちでもお子さんに英語に慣れさせてあげる方法をご紹介します。

・知育アプリを使おう!

親自身が英語が苦手だからと言っておうちでの英語教育を敬遠してしまうこと、ありますよね。でも英語の知育アプリを使えば大丈夫です!アプリインストールページで「英語 幼児」などと検索してみると、多くの英語アプリが出てきます。例えば、猫ちゃんが英語で話しかけてくれて、お子さんが触れることでネイティブイングリッシュを話す猫ちゃんとコミュニケーションができるものなど、2才くらいからでも楽しめるアプリがあり、幼稚園前のお子さんでも、英語に慣れることができます。

・英単語を日常的に使おう

簡単な英単語を日常の会話の中に入れることによって子供を慣れさせましょう。なんでもよいので、日本語がわかるようになったお子さんに、英語ではこう言うんだよ、と教えます。そのとき思いつくものだけでも大丈夫です。卵を食べるとき、「これはエッグっていうんだよ」とか、猫ちゃんを見たとき、「キャットっていうんだよ」と、英語という言語の存在を少しずつ認識させてあげると良いでしょう。

バイリンガルが選ぶ、英語の上手い日本の芸能人2(10~6位)

出典:YouTube

バイリンガルの育て方?…成功?失敗? How to raise a bilingual kid?

出典:YouTube

関連するまとめ

おしりが主人公になっちゃった?!今『おしりたんてい』がオモシロイ!

累計150万部を超える人気絵本『おしりたんてい』。 そのアニメプロジェクトが進んでいるとのこと。 おしりが主…

mino

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング