・吠えた時に怒り方を間違うと大変なことに

犬が吠えた時の怒り方には注意が必要です。

これは怒り方を間違えてしまうと

飼い主が応援してくれると錯覚することがあるからです。

犬は危険を察知した場合や、

自分の縄張りに見知らぬ人が入った際に警戒して

吠えることがあります。

犬同士は吠えて危ないことを伝えるため、

飼い主がおこると

危険を察知したのだと

勘違いしてしまうことがあるのです。

犬と人間ではまず物事の感じ方が違う事を

理解する必要があります。

・怒鳴ったりせずに制止することが重要

犬が吠えた時に自分も声を荒げてしまうと、

犬は余計に強気になってしまいます。

リードを引いて落ち着かせることや、

手で制止すること、

飼い主が前に出てかばうなど、

犬が怯えない状況を

作ることが大切です。

吠え癖がある場合は

トレーナーの元で訓練を受けるなど、

人やほかの犬にならすことも

大切になるのです。

・神経質な犬もいることを理解する

犬には個性があり、

神経質な子もいます。

その犬の性格を知って、

それに合わせて訓練することは

非常に重要なことです。

犬の気持ちを無視して

飼い主の都合を押し付けても、

ストレスを

ためて病気になることやより

反抗的になってしまう事があるのです。

言う事を聞いてくれない場合は、

どうやれば言う事を聞いてくれるのか考え、

場合によっては専門家の指導を

受けた方が良いのです。

関連するまとめ

初心者大学生おすすめ! カンタン節約生活術

大学生にお勧めなカンタン生活術をまとめました。大学デビューする方はぜひ実践してください。

flower

慣れると簡単!自分でタイヤ交換をするメリットについて

普段は自分でタイヤ交換なんてしたことがないという方へ、タイヤ交換をするメリットについてまとめてみました。

暮らし生活の知恵

現代はストレス社会!でも、ストレスの原因って知ってますか!?

皆さんは朝起きて、「会社へ行きたくないなぁ」など思ったことはありますか? そう思う方はかなりの数いらっしゃる…

mino

関連するキーワード

壱と申します。
いろいろなまとめをご提供できたらと考えております。

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング