卓球をはじめた人が試合で勝つ為どのような勝ち方が多いのかを実際の試合を見て思ったことを書いてみます。
その学校のコーチにより指導方法が違いますが、サーブとレシーブをあまり重要視していない学校が多いと感じました。
フォア打ちやフットワークに重点を置いている学校が多いような印象です。
確かにフォア打ちは卓球において超基本で、しっかりとクセの無いフォア打ち、手打ちにならないようにしっかり最初から身体を使って打つフォア打ち。
それとフットワーク。
フォア~ミドル~バックへの反復横跳び。
超基本な事ですのでやれて当たり前という感じですよね。

プロに限らず、アマチュアの卓球でも高く投げ上げるサーブをする人っていますね。
人によっては、天井に届くくらい高く投げ上げてサーブすることも・・・。

あんなに高く上げなくてもいいだろうに、と思いそうな気もしますが、実は高く投げ上げるサーブはけっこう楽なんです。

卓球のルールでは、ボールをラケットに向かって投げたりはできませんし、手指でスピンをかけたりもできません。
ですが上に高く投げ上げるのであればルール上は問題ありません。

高く投げ上げれば投げ上げるほど、重力がありますからボールに勢いを付けることができるのです。
ラケットを動かさないで当てるだけで、勝手にボールに勢いも付きます。
ちょっとラケットの角度を変えたり、ラケットにボールが当たる瞬間に手首にスナップをちょっとだけ効かすだけでも、
大きなスピンをかけることができます。

投げ上げるのは手で投げ上げますから、練習すれば簡単にできるようになります。
卓球のボールは軽いものの、室内のスポーツですから風の影響もそんなにありません。

低く上げてサーブをする場合は、ラケットを大きく振らなければ大きなスピンは掛けられないですから、相手も
スピンの向きを読みやすいところもあります。
サーブの種類の一つとして、高い投げ上げサーブもいい方法だと思いますよ。

関連するまとめ

【子育てママ必見!】スポーツの世界で成功を収めたアスリートたち

プロ野球選手と聞くと数億円プレイヤーがたくさんいることをイメージしますよね? ですが、世界にはそんな彼らを遥…

ボニー

サッカーワールドカップ優勝を目指す男 本田圭佑

小学校の卒業文集でセリエAのチームに入団すると書き、それを実現させた男である本田圭佑選手についてまとめました…

大阪のみさぽ

悲願の優勝へあともう少し!東北の高校の決勝戦記 ~春の選抜編~

もうすぐ甲子園!東北地方の人々にとって、甲子園制覇は悲願です。 今年こそ白河越え!と毎年言われていますが、な…

sai

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング