猫を飼い始めてまず最初に考えることのひとつにトイレです。猫が用を足すための猫砂には様々な種類があります。
どれが良いのか迷うことも多いと思います。そこで猫砂の種類とメリット・デメリットをまとめてみました。

《鉱物系の砂》

一番昔からある猫砂です。メリットは自然の砂に近いので猫に慣れさせやすいこと、固まりやすいことと他の砂と比べてダントツで価格が安いことです。

デメリットは重いこと、石で出来た砂ですからとにかく重いです。10Lの砂なら米袋一つと変わらない重量感があります。
燃えるゴミに出せないという問題もあります。自治体によっては不燃ごみでも取り扱っておらず自分でゴミ処理場で持ち込まないといけません。
チリ埃が舞いやすく空気を悪くするので、喘息など呼吸器系の持病を持ってる人にはお勧めできません。

《木の砂》

メリットは消臭効果の高さです、さまざまな木材を原料にしていますがヒノキのようなさわやかな香りがするものが多く心地よいです。
鉱物系の砂よりも軽くて扱いやすく、トイレに流せる、燃えるゴミに出せるのも魅力です。

デメリットは鉱物の砂よりも軽いのでやや飛び散ること、粒が小さい砂は猫の足につきやすくよく飛び散って掃除が大変です。
飛び散りを抑えたペレット状の大きめの砂も売られています。砕けやすく時間が立つと粉になってしまうのもちょっと気になるところです。
固まりやすさに関しては商品によってかなり差があり、総じて鉱物系の砂よりも固まりが弱く、中にはスコップですくうとバラバラになってしまうような砂もあります。
健康には害がないものの粒の小さなものは猫が砂を掻くたびにホコリが舞うのもデメリットです。

《おからの砂》

おからなので猫の口に入っても大丈夫な安全素材です。
メリットは固まりやすいこと、木の砂と同じように軽くてゴミに出しやすいこと。おからをリサイクルしているので価格も手頃で使い勝手がいいです。

デメリットはおから独特の臭いがするので猫によっては嫌がられることもあること、木の砂と同じく軽いので飛び散りやすいこと、砕けやすく粉になりやすいことです。

《紙砂》

主にパルプや再生パルプを使った砂です。
メリットは吸収力がだんとつで良いこと、軽くて持ち運びがしやすいこと、埃が立たないこと、価格が安いものが多く経済的なことです。
木やおからの砂と同じようにトイレに流せる、燃えるゴミに出せるので処理が楽です。

デメリットは他の砂に比べて固まりが弱いこと、砂の消費が早いこと、砂の中でも最も軽く飛び散りやすいことです。
吸収力は高いものの紙なので湿気りやすく梅雨の季節はおしっこの臭いが残って気になることも。

《シリカゲル》

シリカゲルは一般的には食品の湿気を取り除く為の乾燥剤として使われています。
その特性は何度も吸収できること、システムトイレ用の砂として使われることが多い砂です。

メリットは消臭効果と抗菌効果が強力なこと、他の猫砂と違って吸収した部分をその都度捨てる必要がなく掃除が楽で、猫砂の中で最も長持ちします。
交換はだいたい1-2ヶ月に一度で良く、限界まで吸収させたら砂全てを取り換えるという使い方をします。
ただし砂が吸収量の限界を越えると水分を下に通してしまうためペットシーツを敷いて使います、そのためすのこが付いたシステムトイレで使うことが多い砂です。
シリカゲルなら粒が小石ほどの大きさがあるのですのこの目に詰まることもありません。

デメリットは不燃ごみになること、比較的軽い砂なのでやや飛び散りやすいこと、猫の足につきやすいことです。

アイリスオーヤマのフード付き猫トイレと猫砂をスーパーキャットナチュラル100にしてみた

出典:YouTube

これは簡単!猫トイレ掃除

出典:YouTube

関連するまとめ

不要になったパソコンの処分はどうする?無料でも回収が可能!

不要になったパソコンの処分はどうする?無料でも回収が可能!

暮らし生活の知恵

犬や猫を飼うならワクチン接種は必ず受けること!受けない事で生じるリスクは?

犬や猫を飼うならワクチン接種は必ず受けること!受けない事で生じるリスクは?

冒険王

日本初のリアルタイム異常検知通報装置とGPSを小さな筐体に備えた「番犬ドンデⅡ」

『番犬ドンデⅡ』はリアルタイム異常検知通報装置とGPSを小さな筐体に備えた日本初の画期的な商品です。 番犬ド…

chieまとめ

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング