●シリコンスチーマーで炊く基本の赤飯

もち米がピン!シャキッとして、赤飯はやっぱりシリコンスチーマーで炊くと美味しいですね。
蒸し器の場合、面倒な計量が入りません。
とっても楽ですよ。

●材料 (もち米5合分)

もち米⇒5合
大納言小豆⇒100g位だったはず
塩⇒小さじ1
山椒の葉など⇒飾り用
黒ごま⇒少々

①ふんわりシャッキリと美味しく炊きます。
②小豆は丁寧に洗って前の晩から水に浸しておく。
③小豆を、茹でる。アクがでたら湯零ししつつしっかりとアクを取り除く。指で潰れる位まで茹でる、茹で過ぎに注意。
④茹で上がった小豆は、茹で汁と取りわけて、小豆はドライ化しないように鍋蓋かラップなどをしておく。
⑤もち米を研摩し、水切りしておく。
水切りしたもち米を、小豆の茹で汁(冷ます)に潜らせる。時々汁がうまく回るように混ぜ合わせる。
⑥もち米に茹で汁がたくさん浸水したら(1時間もすれば大丈夫)ザルにあげ残りの茹で汁には塩を入れておく(しと)
⑦蒸し器にふんだんの熱湯を準備し、蒸した糸布を敷いた鍋にもち米と小豆を混ぜた合わせた物を入れて炊く。15〜20分位
⑧蒸した糸布ごと引揚げ、赤飯に塩入の小豆の茹で汁(しと)を、水撒きの様に手で打つ。サクサクとヘラで天地返しする様に混ぜ合わせる
⑨また鍋に引き戻し、15分ほど蒸します。
食べてみて炊き加減をチェック。
シトうちは、複数回しても良いです。コネない様に気をつけましょう。
⑩炊き上がりました。蒸した糸布を拡張する時には燃え上がらない様に火を止めて下さい。
⑪赤飯を広げて、蒸気を放つ。
黒ごまをちょっとまぶす。
⑫ホッコリでも、冷ご飯でも大変美味く頂けます。
ぜひともベイスのシリコンスチーマーで炊く赤飯を!

●コツ・ポイント

蒸してる中途でに、シトを打つのが注意点です、炊きムラを防止しツヤ感が増大します。
電気炊飯器で手軽に炊いたのとはまるっきり異なります。シリコンスチーマーの場合、水加減など無視して良いので反対にとっても楽です。
この作り方はとても役立つのでしっかりと覚えるようにしておきます。

●このレシピの生い立ち

赤飯大好き、しばらくぶりにシリコンスチーマー活用してねんごろに作りました。

関連するまとめ

常備しておけば朝食やおやつに役立つとっておきのジャム三選

ジャムの基本はフルーツと砂糖ですが、その割合がちょっと変わるだけで味が全然変わってきます。市販のものは美味し…

リカ

【知らなかった!便利なトマト缶の意外な真実】

いつもお世話になっているトマト缶。その意外な知識やカットとホールの違いについてまとめました。

休日のお昼に作りたいオシャレなカフェご飯

休日のお昼にオシャレなカフェご飯がお家で食べれたら良いと思いませんか。 そこでおススメしたい、ワンプレートの…

女性の味方

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング