赤ちゃんの育児に奮闘するお父さんとお母さんを悩ませる、躾の問題。

どのように躾をして良いのか、悩んでしまいますよね。

ここでは赤ちゃんへの躾の方法を、月齢別にご紹介します。

<新生児期>信頼できる関係作り

赤ちゃんとの関係づくりには、新生児期からのスタートが肝心です。

この時期、赤ちゃんはお世話されることを通じて安心感を得ます。

赤ちゃんを優しく抱っこし、あやすことで、

躾の土台となる信頼関係を築くことができます。

<4~7ヶ月>危険な事はハッキリ注意

この時期の赤ちゃんは物を掴んだり舐めたりと、好奇心が旺盛です。

目を離した一瞬の隙に触れてほしくない物に手を伸ばす場面もあるでしょう。

危険な行為は、はっきり注意しましょう。

この時、笑顔で言うと、赤ちゃんは危険を正しく認識できません。

冷静に、しかしきっぱり注意しましょう。

<7~12ヶ月>躾の際は理由を伝えて

7ヶ月を過ぎると赤ちゃんは家の中の様々な物に触れようとします。

危険物を赤ちゃんの手が触れない場所に保管する配慮は必要ですが、

それが却って、「何にでも好きに触れていい」と思わせる原因になります。

なぜダメなのか説明し、注意することも大切です。

まとめ:繰り返し伝えることが重要

まだ言葉を話さない赤ちゃんに注意しても、効果が分からず不安になるかもしれません。

しかし繰り返し伝えることで、お父さんとお母さんの気持ちを理解するようになります。

大切な0歳の時期に赤ちゃんと向き合って、躾をしてみてください。

関連するまとめ

〖実態!〗学校内で援助交際や恐喝は当たり前…貧困で荒れる小中高の実態

今回は社会問題とされている 〖学校内で援助交際や恐喝は当たり前…貧困で荒れる小中高の実態〗 取り上げてみまし…

目指せバイリンガル!子供を英語に慣れさせるコツ

いかがでしたか?ぜひ、英語を身近で親しみやすいものとして子供の心にインプットしてあげましょう!

flower

中学受験で家庭教師を付けるメリットは?勉強の習慣づけも行える!

中学受験で家庭教師を付けるメリットは?勉強の習慣づけも行える!

冒険王

関連するキーワード

CHIE

いろいろな知識・知恵をまとめていきます!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング