大谷翔平投手の天井打初速223キロ

日本ハム大谷翔平投手(22)が「世界最速」を記録していたことが11日、明らかになった。11月13日に行われた侍ジャパン強化試合で、東京ドームの天井に消える大飛球を放った。正確な飛距離を計算しようと、東京6大学・東大の浜田一志監督(52)のもとへデータを持ち込んだ。大学の研究レベルの複雑な計算式を当てはめ計算を進めていく中で、打球の初速度が時速223キロだったことが判明した。メジャー屈指の強打者と比較しても群を抜く数値。投げても最速165キロの二刀流に新たな伝説が加わった。

日本最速ではなく世界最速?

関連するまとめ

【子育てママ必見!】スポーツの世界で成功を収めたアスリートたち

プロ野球選手と聞くと数億円プレイヤーがたくさんいることをイメージしますよね? ですが、世界にはそんな彼らを遥…

ボニー

サッカーの戦術を知っておくと観戦がもっと楽しくなる!

みなさんは普段サッカーを観戦することはありますか? サッカーはとても複雑な戦術を用いることが多いスポーツです…

ボニー

【オトコのガチンコ勝負!】WBCまで1ヵ月!優勝候補の最有力の国はどこ!?

今年の3月7日から行われるWBCの日程&優勝候補の最有力の国についてまとめました!

オトコのミカタ

つくくん

できるだけ皆さんに役立つ知恵をまとめていきたいと思っています!
よろしくお願いします

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング